関連情報

関連製品

犬猫の飼育管理:こんな時どうするの?

熱中症

真夏の熱中症による事故は毎年ニュースとして取り上げられますが、人間と同じ環境で生活しているペットも熱中症にかかることがあります。熱中症は命を落とすことも多い非常に恐ろしいものです。今回はその熱中症についてお話します。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

暑い日って涼しい場所に行ったり水遊びをしたくなるよね。でも僕たちはいくら暑くても自分でクーラーをつけたり、蛇口をひねってお水を出すこともできないからから熱中症っていう病気になっちゃう可能性があるんだって?熱中症はすごく怖い病気らしいけど、もしそうなっちゃったらどうすればいいんだろう?獣医師の先生に聞いてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

熱中症とは

犬や猫は周囲が暑くなっても人間のように全身に汗をかいて、その気化熱(水分が蒸発する時に熱を奪うこと)で涼しくすることができません。暑くなった時は「パンティング」といって口を開けて舌を出しハアハアと呼吸をすることで体内の熱を外に出し体温を調節するのですが、それだけで体温を下げるには限界があります。また、全身が毛で覆われているために、一旦体温が上昇してしまうと熱がこもりなかなか下げることができません。もし暑い状態が続き、体温が41度を越えた状態になってしまうと次のような症状が見られるようになります。

  • パンティング
  • 脱水
  • 大量のよだれ
  • 嘔吐
  • 失禁
  • 脱力

症状が進むと、中枢神経が損傷を受けて痙攣けいれんや意識混濁が見られるようになります。そして、全身に血栓ができて多くの臓器が機能不全に陥ると、生命に危険が及ぶことも少なくありません。

どんな時に発症するの?

熱中症は主に夏の暑い時期に見られますが、気温はそれほど高くなくても湿度が高く、蒸している空気がこもった場所で発症する可能性があります。
真夏でよく発症する状況が、直射日光の当たる炎天下にお散歩へ行ったり繋ぎっぱなしにした場合、締め切った車内で留守番をさせた場合、外出時に室内に閉じ込めて冷房を入れなかった場合ですが、その他にも日陰のないドッグランで遊ばせた場合や、ケージに入れて長時間移動した場合などでも熱中症が見られることがあります。
さらに、通常のペットは熱中症にならない気候の時でも、ペットの品種や状態によって熱中症になってしまうこともあります。例えば、パグやブルドッグなどのように鼻が短い品種、非常に興奮しやすく体温が上昇しやすいペット、心臓や呼吸器に持病があるペットなどは体に熱がこもりやすく、日頃から注意が必要です。

熱中症の対処法

もし熱中症になってしまったら早急に動物病院へ向かわなければなりませんが、外出先で発症することもあり、必ずしも動物病院が近くにあるとは限りません。そこで、病院へ行くまでの間にできる応急処置を知っておく必要があります。
第一に体温を下げることを考えましょう。ハアハアと呼吸が荒く、体が暑かったら熱中症を疑い、速やかに直射日光の当たらない風通しの良い涼しい場所に移動しましょう。そして足から体全体に流水をかけたり水に浸したタオルで全身を包んで風に当てます。もし手元に保冷剤のようなものがあれば、太い血管が通っている脇の下や足の付け根、首の左右、さらに頭部などに部分的に当てるとよりよいでしょう。全身に氷を当てるような極端な冷やし方は心臓に負担をかけるだけでなく、体表の血管を収縮させて血行が悪くなるため効率よく体温を下げることができないので、行ってはいけません。
もし吐き気がなく、呼吸が落ち着いてきたら水やスポーツドリンクのような水分を少しずつ飲ませてみるとよいでしょう。
しかし、熱中症は体温が下がればそれで大丈夫というものではありません。内臓や神経がダメージを受けていることもあるため、応急処置を行いながら必ず動物病院に連絡をして、連れて行くようにしましょう。

日常生活で気をつけること

暑さに対する日頃の予防がしっかりできていれば、熱中症になることはほとんどありません。大切なのはペットのいる場所の温度と湿度の管理です。
真夏の散歩は日中の暑い時間を避け早朝または暑さの和らいだ夕方以降に行きます。犬の体は人間よりも地面に近いため、人間が思っている以上の暑さを地面から感じています。地面に熱が残っていないか手で触って確認してから散歩に行きましょう。
外で飼育している場合は直射日光の当たらない風通しのよい場所、もしくは室内に飼育場所を移動してあげましょう。
家の中であればカーテンを引いて直射日光を防ぎ、エアコンを27〜28度に設定します。そして扇風機などで空気の循環をよくするとなおいいでしょう。
もし、エアコンがない場合はクールマットや凍らせたペットボトルを置いて、ひんやりとした一角を提供するといった工夫をしてもいいでしょう。


獣医師からの一言

熱中症のほとんどは夏の事故ですが、たまに真冬に暖房器具の使いすぎ、特にコタツの中に入ったまま寝てしまい、熱中症になってしまう例も見られます。一年を通じて、ペットに最適な環境を提供するように、常に室温管理には気をつけてあげて欲しいと思います。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

飼い主さんがいろいろ暑さ対策をしてくれているから僕たちはいつも快適に過ごせるんだね。ありがとう、飼い主さん!

このページのトップへ