関連情報

関連製品

犬猫の飼育管理:飼育管理

褒めて育てよう

しつけの参考本には必ずと言っていいほど「お利口さんにしていたらよく褒めてあげましょう」と書かれているくらい、しつけにおいて褒めることは必要不可欠です。それはなぜでしょうか?今回は褒めることが子犬の成長にどのような影響を与えるのか、お話していきましょう。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

僕、褒められること大好き!小さいころから飼い主さんがいつもいっぱい褒めてくれるから、うれしくって、どうしたら褒められるのかな?っていつも考えているんだ。うちの飼い主さんは「子犬の頃から褒めて育てましょう」ってペットトレーナーのスペシャリスト、ひとみさんに言われたらしいんだけど、僕はこれからも褒められっぱなしでいいのかな?ちょっと聞いてみようっと。


私が答えます:ペットトレーナーのひとみさん ペットの飼い方・しつけはワタシにおまかせ!

褒めることの大切さ

昔は「しつけ」といえば訓練のイメージが強く、大きな声で叱ったり体罰を与えて厳しく体で覚えさせる方法が一般的でした。もしかしたら今でもそのようにしつけている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、たとえそのような厳しい体罰により言うことを聞くようになったとしても、叱られるのが嫌だからしぶしぶ従っているだけに過ぎず、犬が自らそうしたいから行動しているわけではありません。本当に怖い人の言うことだけしか聞かなかったり、常に人を怯える犬になってしまう可能性があります。
ですから、そのようなことを避けるために、今はなるべく良いことを褒めることで「人がして欲しいと思うこと、自分にとって利益になることは何か」を理解させ、さらに褒めてもらうにはどうすればいいのかを犬自身に考えさせるしつけが主体になりつつあります。
褒められて犬自身の自主性が高まり、より褒められようと良いことをくり返し行うようになってさらに褒められる、という「良いサイクル」を繰り返すことによって「怒らないしつけ」を行うことができるようになり、さらに人と犬の信頼関係をより深いものにすることができるといわれています。

上手な褒め方とは?

どのような褒め方をすれば犬は良いことをしたと理解するのでしょうか?褒める=犬にとってうれしい事です。犬にとってうれしいと思う事をしてあげましょう。どんな時に愛犬は喜んでいますか?お気に入りのおもちゃで遊んでいる時、体をなでてもらっている時、名前を呼ばれた時など色々な場面で楽しそうにシッポを振っていますね。つまり、おもちゃ遊びが好きな子には一緒に遊んであげる、甘えん坊の子には抱き上げていっぱいなでてあげる、という褒め方をしてあげましょう。日頃からよく観察し、その子に一番適した褒め方を見つけましょう。
また、褒める時にはきちんと声を出して「いい子ね」と言ってあげることも重要です。犬はまだ言葉の意味を理解しませんが、飼い主さんの声のトーンでどのような感情なのかを認識します。心から嬉しさや賛辞を表現すると自然に声のトーンは高くなるので、やや高い声で褒めてあげると犬も理解して喜びをさらに倍増させることでしょう。その時に飼い主さんの顔の表情やジェスチャーもしっかりと表現すると、褒めている事がさらに伝えやすくなります。
しかし、時には叱らなければいけない場面も出てくると思います。叱り方は『「ダメ」を教える』でお話しましたが、なるべくはっきりと短く言うようにし、1日の中では褒めることを8割、叱ることを2割くらいでしつけをするように心がけましょう。

おやつ以外の褒め方を考えましょう

褒めるというとすぐにご褒美のおやつを与えてしまう方がいらっしゃいます。確かに犬にとって美味しい食べ物はうれしいことですし、はじめのうちは食べ物に釣られていろいろなことをするようになるかもしれません。しかし、それは「おやつを食べたくてなんだかよくわからないけど行動をおこしている」だけで、犬が人のことを考えて行動しているわけではありません。おやつだけでしつけをしていると、いずれ「おやつを持っていない人の言うことは聞かない」「勝手にポケットの中のおやつを食べようとする」といった子になってしまうかもしれません。おやつは時々与えるスペシャルなご褒美として、普段はなるべく人とつながりを持つような褒め方をするようにしましょう。

意外と難しい、褒める"タイミング"

褒めることは一見簡単そうに見えますが、意外と難しいところがあります。 一番難しいのが褒めるタイミングです。犬は「ある行動」と「褒められること」を結びつけて「褒められる行動とは何か」を学習します。ですので、いいことをしたらその場でたっぷりと褒めてあげなくてはいけません。
犬は常に「今」を生きているため、その行動の2〜3秒後にはもうその時していたことは考えていないと考えられています。「今していること」に対して褒めているとわからせることがとても重要なため、犬がその行動をとった瞬間に褒めることが肝心です。後になってからいくら褒めても犬はなぜ褒められているのか正しく理解できないでしょう。もしそのタイミングを逃してしまったら、その時は褒めずに次の機会を待ちましょう。

褒めるしつけで根気よく育てましょう

「褒めるしつけ」で育てている期間は飼い主さんにとって我慢が必要です。いくら褒めたくてもいたずらばかりしてなかなか褒めるチャンスがないと「うちの子はダメなんだわ」とあきらめてしまったり、つい怒りや愚痴を犬にぶつけてしまうこともあるかもしれません。しかしそこは気長におおらかな目で見守ってあげましょう。だめでもともと、できたらすごいね、くらいの気持ちでいれば、飼い主さん自身も楽しんで育てられるようになるでしょう。


獣医師からの一言

小さい頃から犬を褒めて育てることでしっかりしつけができるようになると、動物病院での診察時にとても協力的な子になり、獣医師や看護師は大変助かります。また、それはさまざまな検査や処置をする上でもとても大切なことです。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

僕、小さい頃からいっぱい褒めて育ててもらったから、とってもいい子になって、今でもいっぱい褒められるんだね。僕、これからもいっぱい褒められるようにがんばろうっと。

このページのトップへ