関連情報

関連製品

犬猫の飼育管理:飼育管理

クレートトレーニング

クレート(ケージ)は犬を閉じ込めておくおりではありません。そこは犬にとって常に安心して休むことができる場所なのです。そして、このクレートを用いて応用できることはたくさんあるため、クレートトレーニングは家族の一員として暮らすためにとても役に立つしつけなのです。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

この前、お友達の赤ちゃんワンちゃんのおうちに遊びに行ったらね、その子が檻みたいなところに入っていたんだ。まだ小さいのにひどいと思わない?早くそこから出してあげたかったのに、飼い主さんは知らんぷりしていたんだ。一体どうしてなんだろう?


私が答えます:ペットトレーナーのひとみさん ペットの飼い方・しつけはワタシにおまかせ!

「クレート」本来の意味を知りましょう

クレートは犬にとって「リラックスして過ごせる自分の個室」です。私たちだって、どんなに家族が好きでもたまにはひとりになって落ち着く場所が欲しいですよね。それと同じように人間の家の中で自由に行動するだけでは、犬は本当にリラックスすることができません。ですからリラックスできる場所として、犬を飼うときにはクレートを用意しておいたほうがいいのです。
クレートを見ると、まるで檻のようで「閉じ込めるなんてかわいそう」と思う方がいるかもしれません。確かに人間から見るとクレートの中の犬は閉じ込められている様にも見えます。でもそれは勝手な思い込みです。犬は本来、敵から身を守るために安全な場所を確保し、自分だけのスペースで安心して休むことを好みます。野生の状態では木の洞や地面に掘った穴の中など、周りを囲まれた薄暗い場所を選びます。その場所のかわりとしてクレートを使うのです。一日の大半を寝て過ごす犬にとって、一定の時間を一見狭苦しそうに見えるクレートで過ごすことは全く苦痛ではありません。むしろ子犬のうちからクレートを安心できる場所と教えられた犬は、中にいることでリラックスすることができるようになるのです。

クレートトレーニングはこんなことに応用できます

クレートトレーニングとは「ハウス」と指示を出すと、自らすすんでクレートの中に入るようにすることです。このしつけができるようになると、その後の犬の行動を管理することがとても楽になります。そしてそれは今まで困っていた悩みを解決できる助けになるかもしれません。
例えば、犬がおうちに来たお客さんに吠えたり飛びついたり、部屋を散らかすなどの困った行動をする場合は、お客さんが来る前にクレートに入れて落ち着かせます。そうすることによって問題行動を未然に防ぐのです。
また、動物病院に入院したりペットホテルに預けたりすることがあってもクレートに入ることに慣れている子は何の不安もありません。災害の時などでもクレートトレーニングができていれば、避難場所での生活も最低限のストレスで環境変化を乗り切ることができるでしょう。

クレートトレーニングの方法

では、犬がすすんでクレートに入ってくれるようになるトレーニング法をお話しましょう。まずクレートの準備をします。クレートの大きさは犬がスムーズに入ることができ、中で無理なく体の向きを変えられ、伸びて寝られる大きさが適当です。広すぎても落ち着かないため、大型犬の場合は成長に応じてほどよい大きさのものに買い替えます。周りの視線を遮り、安心できるようにするために、扉を除く3面が壁になっているペットキャリーのようなものがお勧めです。

① クレートに入る練習

大好きなおやつ(ご褒美)を持って犬を誘います。犬がおやつに誘われたらクレートに向かって誘導します。クレートの中におやつを入れてもいいでしょう。最初のうちは用心して入らないかもしれません。しかし、ここで大事なのは「自分から入る」ことです。入らないからといって無理に押し込んではいけません。自分の意思で入るまで根気よく待ちましょう。すると何度か繰り返すうちに「クレートに入ったらおやつがもらえる」ということがわかり、すすんで入るようになります。

②「ハウス」を教える

おやつの誘導によりスムーズにクレートに入るようになったら、今度は「ハウス」の意味を教えましょう。クレートに入ろうとするタイミングで「ハウス」と言うようにします。すると、次第におやつがなくても「ハウス」の言葉でクレートに入るようになります。

③ 扉を閉めてみましょう

今度は今まで開いたままだったクレートの扉を閉めて「個室」を作ってみましょう。まずは中でおやつを食べている間にそっと扉を閉め、食べ終わったらすぐ開けるようにします。もし扉を閉めた時に慌てて外に出ようとしたらすぐ扉を全開にし、「いつでも扉は開くよ」と安心させます。それがわかればだんだんクレートの中にいることに慣れてきます。おやつを食べ終えてもクレートから出ずに、中でリラックスしているようなら徐々に扉を閉めている時間を長くしていきます。

④ 中で寝るようになったらおおよそ合格です

犬がクレートの中で寝るということは、そこがリラックスできる場所であるということを意味しています。犬にとってクレートは「居心地のいい空間」です。「ハウス」の指示でクレートに入って扉を閉めても中でリラックスして寝るようになったらクレートトレーニングはおおよそ合格と言っていいでしょう。

目標にしたい「ハウス」とは?

飼い主さんの「ハウス」の指示でクレートに入るということは、言い換えれば飼い主さんがリーダーだということです。それを犬が理解すると、さらにしつけしやすい関係になります。このクレートトレーニングで目標にしたい「ハウス」とは、人の指示に従って犬の意思で入ることです。自らすすんで入るということは「嫌がっていない、むしろ入りたい」ということを意味しているのです。
子犬のうちはクレートに入れる時間は短時間にとどめるべきですが、成犬であればホテルなどで預かってもらうことを考え、最長8時間程度クレートの中でおとなしくできると安心です。

間違った「ハウス」とは?

クレートをおしおきの場所として使ってはいけません。悪いことをしたからと、その罰としてクレートに入れロックをしたら、そこはまさに「檻の中」になってしまいます。そうなるとクレートに入ることに恐怖心を覚え、二度と自分から入らなくなる可能性があります。それどころかクレートは嫌な場所と学習し、ぺットホテルのお預かりやお出かけの間、ずっと出してと鳴き叫んでしまうかもしれません。これではせっかく覚えたトレーニングが台無しになってしまいます。


獣医師からの一言

動物病院へ連れて行く時だけクレートを使っていると「クレートに入る=病院に連れて行かれる」と思われがちです。これは犬にとってうれしくないことに当てはまるかもしれません。普段の生活や楽しいところへのおでかけにもたくさん使用して、クレートをさらに大好きな場所にしてあげましょう。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

なぁんだ。お友達の赤ちゃんワンちゃんはあの中が好きだったんだね。僕も暗くて狭い場所、結構好きだよ。とっても落ち着くし、それに中で居眠りしているだけで飼い主さんが褒めてくれるんだもん。

このページのトップへ