関連情報

関連製品

犬猫の飼育管理:健康管理

歯磨きの重要性

飼い主さんのちょっとした日頃のケアがペットの病気予防や健康につながります。ペットの歯を磨くこともその1つなのですが、歯磨きは歯や口の中の健康を維持するばかりではなく、全身の病気の予防にもなっていることをご存知でしょうか。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

病気の予防って言ったら普通は動物病院で獣医さんがしてくれるものだよね?でも、うちの飼い主さんはいつも「病気にならないようにちゃんと歯磨きしましょうね」って言いながら歯を磨いてくれるんだ。飼い主さんでも病気の予防ができることってあるのかな? それに歯磨きってそんなに大切なことなのかな?


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

ねぇ、ペテラス。そもそも歯って毎日磨かなくちゃいけないくらい、大切なものなの?歯磨きしないとどうなっちゃうのかな?

ペットも歯周病になります

歯は毎日使うものだから、もちろんそのくらい大切に考えないといけないよね。
君たちは歯を使わずにごはんを食べることもあるから、あまり歯について気にしていないようだけれど、じゃあ、もし歯が病気になってしまったらどうなるか考えてみようか。
歯の病気で一番多いのは、歯石が溜まって起こる歯周病だけれど、この病気になると口臭がひどくなったり歯が痛くて食べられなくなったり、よだれが止まらなくなって口の周りを汚したりしてしまうんだ。時には口を閉じることができなくなって食べ物を飲み込むことが難しくなってしまうこともあるんだよ。ひどくなると歯を抜く治療が必要になることだってあるけど、その時には全身麻酔をかけなければいけなくなるんだ。

うわあ、口が痛くなって、ごはんが食べられなくなっちゃうのはイヤだなあ。

放置すると全身疾患になることもあります

そうだよね。たった1本の歯が悪くなっただけで大好物でさえ食べられなくなってしまい、栄養失調になることだってあるからね。それに、歯石をそのままにしておいて、細菌が歯の根元まで入り込んでしまうと、歯肉の奥に膿が溜まって顎の骨を溶かしてしまったり、さらに細菌が血液の中に入り込んで血栓を作ってしまうことだってあるんだ。
ゼノくんもアックちゃんもずっと健康な歯で美味しく食べ続けたいだろう?そのために歯磨きをして健康な歯を維持することが大切なんだ。歯磨きは歯周病の原因となる細菌の塊(プラーク)が増殖するのを抑えて、いつも健康な歯でいるために最も効果的な予防法なんだよ。

ふうーん。でも、歯を磨くって言っても、僕たちの歯って結構形が複雑だし、数もいっぱいあるんだよ。飼い主さん、そのことを分かっているのかなあ。

歯について説明しよう

もちろん分かっていると思うよ。でも、一応ここでおさらいをしておこうか。まず、歯の形だけど人間の臼歯は食べ物をすりつぶす役目をしているけれど、犬や猫の歯は食べ物を噛み砕いたり引き裂いたり、時には敵から身を守る武器になるため全ての歯がとがっているよね。数は人間の歯が32本なのに対し、犬では42本、猫では30本あるんだよ。
歯を磨いてもらう前に、まずはどこにどんな歯があるのか、しっかり飼い主さんに見せておいた方がいいだろうね。

わかったよ。じゃあ、次は歯磨きの仕方だね。どうやって歯磨きをするのがいいか教えてほしいな。

効果的な歯磨きの方法とは?

効果的な歯磨き方法は何通りかあるんだ。飼い主さんがやりやすくて、ペットが嫌がらない方法を選んでみよう。大事なのは歯磨きを継続することだから、お互いに負担がない歯磨きの方法を選ぶことが重要だね。
嫌がるのに無理にやろうとすると「歯磨き=嫌なこと」になって歯磨きどころか触らせてくれなくなってしまうこともあるんだ。まずは遊び感覚で歯磨きをして、慣れてきたら徐々に磨く範囲を広めていこう。

① 歯ブラシを使う方法

歯ブラシを使う場合には、その子の口の大きさに合ったペット用もしくは子供用の、ブラシがやわらかいものを使います。歯と歯茎の間に歯ブラシを置き、円を描くように優しく磨きましょう。

② ガーゼを巻いて行う方法

指にガーゼを巻き付けて行う場合は、空いている手でペットの頭を動かないように押さえながら、 前歯の外側をマッサージするように優しくこすっていきます。慣れてきたら、奥歯、内側の歯とステップアップしていきましょう。

③ デンタル用品を使う

歯磨きができない場合には歯磨きの代わりとなるデンタル用品がたくさん発売されています。直接歯を磨くことが一番効果的ですが、無理な場合はペットに合ったデンタル用品を使用するとよいでしょう。

僕はもう小さい頃から歯ブラシ使っているから全然平気だよ。歯磨きができるようになるって、歯の病気の予防以外にもいいことがあるって聞いたけど、それはどういうことなの?

歯磨きはコミュニケーションです

歯磨きのしつけをして、おとなしく歯を触らせてくれるようになるということは、飼い主さんの言うことを聞く事ができるようになるということだから、基本的に人を噛まないペットになっていくよね。それにボディータッチをしたり声をかけながら歯磨きをして、おりこうさんだったらデンタルケアガムをあげたり、よく褒めてあげればお互いに「歯磨きタイムは楽しい時間」としてペットと飼い主さんとのコミュニケーションにもなるよね。


獣医師からの一言

歯石が溜まってしまったら家庭で除去することはできません。歯石が溜まって歯肉に炎症や出血が見られた場合は、痛みが伴うため無理な歯磨きはしないようにして、動物病院で歯石を取り除いてもらうようにしましょう。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

歯磨きが大切なことがよくわかったよ。これからもずっとおいしいものを食べられるように歯磨きをきちんとしてもらおうっと!

このページのトップへ