関連情報

関連製品

犬猫の飼育管理:健康管理

ペットの耳の構造とお手入れ

犬や猫の耳の構造やお手入れの方法は人とはちょっと違います。ここでは、犬や猫の耳の構造と普段の耳のお手入れの方法について勉強してみましょう。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

この間動物病院へ健康診断に行ったら、なんか望遠鏡みたいな装置で耳の中を見られちゃった。ペットは人と違って耳の奥がよく見えないんだって。僕たちの耳の中ってどうなっているんだろう? 獣医師の先生に聞いてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

ペットの耳の構造

犬の耳の模式図犬や猫の耳は人と少しだけ構造が異なっています。
外側から順番に見ていきましょう。
まず、一番外側の大きくてヒラヒラした部分を「耳翼(じよく)」と言います。平たい軟骨を皮膚で覆ったような構造になっていて、ある程度の硬さがあります。内側には「ひだ」があり、通常は薄いピンク色をしています。もともとは周囲の音を集めるためのものですからピンと立っている子もいますが、レトリーバーなどは耳翼が大きく垂れ下がり耳の穴を覆っています。
耳の穴を耳道(じどう)といい、そこも周りが軟骨で囲まれています。ペットの場合は人と違って、耳道はまず垂直に下がって、途中で奥の方へと水平方向に折れ曲がり、最終的に鼓膜につながっています。犬の種類によっては耳道に毛がびっしりと生えていることがあり、耳の奥が見えづらい子もいます。
鼓膜はとても薄い膜でできていて、常にピンと張った状態になっています。音によって生じる空気の振動を捉え、鼓膜自体が振動することによって音を奥へと伝えています。鼓膜を境にしてその奥には中耳、内耳(聴神経)が続き、鼓膜の手前側を外耳と呼びます。

耳の分泌腺と耳垢

耳の穴には皮脂腺と耳道腺と呼ばれる腺があり、これらの分泌物が耳の奥に入ろうとする細菌やほこりなどを手前でキャッチしています。この分泌物が固まったものが耳垢です。分泌する量には個体差があり、耳の健康状態によっても差が出てきます。分泌物が多いと耳垢が多くなって耳道内の汚れのもととなり、細菌や真菌、ミミダニのエサとなって外耳炎を引き起こすこともあります。

耳のお手入れの方法

外耳炎を予防するためには余分な耳垢を取り除く日頃のお手入れが大切になるため、おうちで定期的に耳掃除を行うようにしましょう。
まず、耳の中に毛が生えている犬種の場合は毛抜きなどを使って耳の中の毛を抜いておきます。耳の中に毛が大量にあると、そこに水分や耳垢が付着して取り除きにくく、細菌や真菌などが繁殖しやすくなってしまうからです。もしペットが嫌がっておうちで毛抜きができない場合や、既に外耳炎になっている場合は無理をせず動物病院やトリマーさんに抜いてもらいましょう。
そのあと、専用のイヤークリーナーを使って耳掃除をします。イヤークリーナーは適量(1〜5mL)を直接耳道内に入れて使用します。入れた後は耳の根元をクチュクチュと軽くマッサージし浮き出た汚れを綿花で拭き取ったり、首を振らせた後、耳道の外に出てきた汚れを拭き取るようにします。汚れがひどい場合はこれを数回繰り返して耳の中をきれいにします。
この時に耳垢を完全に取ろうとして耳の中に深く綿棒を入れると、逆に汚れを奥に押し込んでしまったり、耳道を傷つけることもあるため、おうちで綿棒を使う時には注意が必要です。また、イヤークリーナーを使わずに乾いたティッシュや綿棒などを使ってごしごしと耳の中をこすって汚れを取ろうとすると、その刺激が炎症の原因になることがあるため行わないようにしましょう。


獣医師からのメッセージ

ペットは自分で耳掃除をすることができないため、飼い主さんがペットの耳の中を清潔に保ってあげなくてはなりません。
もし耳の中の臭いが気になったり耳垢が多く出ている時には、外耳炎の疑いがあるため早めに動物病院に連れて行き診察を受けるようにしましょう。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

耳が気持ち悪いのって本当に我慢できないよね。これで耳の中がどんな風になっているのかわかったしお手入れの方法もちゃんと教えてもらったから、もうその心配はいらないね。これからは耳の病気にならないようにしっかりお手入れをしてもらおうっと!

このページのトップへ