ごほうびになるノミ・マダニ駆除薬 フロントラインシリーズ ネクスガード
フロントラインプラスなら定期的投与でノミの成虫駆除はもちろん卵のふ化・成長もブロック
寄生虫ケアさえも楽しい時間に ノミダニフィラリア.COM

動物の病気

動物の病気

病気にさせないために病気を知る。
早期に発見し早期に治療するために病気を知る。
愛するペットのために必要な知識を分かりやすくご紹介します。日々の健康管理に役立つ情報も満載です。


NEW

てんかんについて

てんかんについて (2011年01月20日)

ペットが突然倒れてぴくぴくとを起こしたり、意識がなくなってしまったら、飼い主であるあなたは慌てふためき、どうすればいいのかわからなくなってしまうことでしょう。そんな時のために、「てんかん」について正しい知識を持ち、その対応法を身につけましょう。

外耳炎について

外耳炎について (2011年01月20日)

外耳炎は特にワンちゃんに多い病気です。外耳炎は一度良くなったとしても再発しやすい病気であり、また痒みから自分で引っ掻いて更に悪化させてしまうことも多々あります。早期発見、早期治療と共に、定期的な耳のケアによる予防がとても重要です。

高齢猫のケア

高齢猫のケア (2010年09月16日)

最近では猫のほうが犬よりもやや長生きの傾向にあります。それは完全室内飼いで、ワクチンや駆虫薬などの予防もきちんとされている子が増えたせいだと言われており、最近では15歳を超え20歳に手が届く高齢猫も少なくありません。これらの高齢猫に対しては、若い頃とは異なる健康対策やケアが必要になります。

高齢犬の食事と栄養

高齢犬の食事と栄養 (2010年09月16日)

ワンちゃんも歳をとってくると、人と同じように食が細くなったり、硬いものが食べられなくなってきます。また、必要な栄養素の割合が変化してくるために成犬用のフードを高齢犬用に変える必要が出てきます。さらに高齢になると発症しやすくなる病気を予防するために、サプリメントなどで補給したほうがよい栄養成分もあります。高齢犬用の食事管理にはどのようなことに注意をすればいいのでしょうか。

高齢犬になると 〜しぐさと機能の変化〜

高齢犬になると 〜しぐさと機能の変化〜 (2010年09月16日)

人と同じくペットも高齢化が進んできました。今では飼われているワンちゃんの4頭に1頭が10歳以上なのだそうです。高齢になるとワンちゃんの行動にはどのような変化が見られるようになるのでしょうか。また、その変化にどのように対処すればいいのでしょうか。

犬の認知症について

犬の認知症について (2010年09月16日)

ペットの高齢化につれて、非常に歳をとったワンちゃんが増えてきました。これらのワンちゃんの中には人の認知症と同じような症状が見られることがあり、時としてそれが飼い主さんにとって大きな問題となることがあります。認知症は予防が最も大切ですが、なってしまったワンちゃんに対してはあまり神経質にならず、さまざまな症状に応じて正しい対処を行っていくことが大切です。

LIBRARY

ずっと元気でいてね〜飼主さんができる予防と健康管理

予防対策のお話

シャンプーのお話

栄養・食事・フードのお話

高齢犬・高齢猫のケア"

愛犬・愛猫のために〜予防したいペットの病気〜

ワクチンのお話

ノミ・マダニのお話

フィラリアのお話

認知症のお話

知ることから始めよう!〜分かりやすい病気の話〜

皮膚炎/アトピー性皮膚炎のお話

心不全のお話

腎臓・おしっこ・尿石症のお話

癌のお話

耳の病気

消化器のお話

神経の病気

痛み全般のお話

関節の痛みのお話

神経の痛みのお話


このページのトップへ