関連情報

動物の病気:ずっと元気でいてね 〜飼い主さんができる予防と健康管理〜

健康診断のススメ  「健康診断ヴァーチャル体験!」

ペットの健康診断については、ワクチンと健康診断でワクチン時の健康診断のことをご紹介しました。また、治療より予防!では、病気を予防することの大切さをあらためてご紹介しました。
さて今回は、実際に健康診断がどのように行われるのかについて具体的に見ていきたいと思います。「健康診断ヴァーチャル体験!」に出発しましょう!


1.問診:問診表にペットについて記入します

問診表の記入生年月日(年齢)、生活場所、既往歴、食餌など普段の様子がわかる人が必ず記入するようにしましょう。
そして、あらかじめ採ってきたうんちやおしっこを提出します。(うんちとおしっこの持っていき方を参照して採りましょう)



2.検便:提出した便で寄生虫や原虫の有無や消化状態などを調べます

寄生虫卵を浮遊させ検査する便の中の寄生虫の卵は液体に浮遊させて集め、顕微鏡で見つけます。



3.検尿:提出した尿の中に蛋白質、ブドウ糖、血液、細菌などが混ざっていないかなどを調べます

尿の試験紙試験紙を用いる検査や、尿比重、尿中の結石や細胞を調べる検査などを行います。



4.身体検査:体重・体温・触診など

体重測定(1)体重を計ります。診察台が体重計になっている病院もあります。


体温測定(2)体温を計ります。通常、おしりに体温計を入れて体の内部の温度を計ります。


(3)触診します。体中をまんべんなく触ってしこりがないか、痛がる場所はないか、皮膚や関節の異常はないかなどを調べます。

心音の確認(4)聴診器で心臓の音、呼吸するときの肺の音、腸の内容物が動く音などを聴きます。小さな音なので周りの人も静かにしておくことが大切です。



5.血液検査:通常は手か足の血管から血を少量採取します

採血血球検査、生化学検査、電解質検査、その他フィラリア検査、ウイルス検査、アレルギー検査などに必要な血液を採取します。これらの検査によって、貧血状態でないか、腎臓、肝臓などに異常がないかを知ることができます。



6.その他:レントゲン検査、超音波検査、心電図など

レントゲン画像(1)レントゲン検査
レントゲン検査をすることによって、肺の様子、心臓や腎臓などの臓器の大きさ、骨や関節の様子などを調べることができます。通常、撮影は病院スタッフが行うため、ご家族の方は待合室で待っていてもらいます。


(2)超音波検査
別名エコー検査ともいいます。心臓の中の血流の様子、腎臓や肝臓、膀胱の内部などの様子を安全に調べることができます。ペットには横向きや仰向けで少しの間、じっとしていてもらう必要があります。
超音波画像超音波検査


心電図検査(3)心電図検査
体の表面に電極をつけて心臓の働きを調べます。



通常の健康診断の主な検査はこれで終了です。病院によっては他の検査も組み合せて行う場合もあります。
健康のためとはいえ、様々な検査でペットは緊張したり、精神的にも疲れているかもしれません。おうちに帰ったら十分な休養をとらせてあげましょう。
また、検査結果はたいていの病院で数日後にまとめて渡してくれます。不明なことがあれば、小さなことでもスタッフに遠慮なく質問しましょう。

↑ このページのトップへ