関連情報

関連製品

動物の病気:ずっと元気でいてね 〜飼い主さんができる予防と健康管理〜

食事管理が大切な病気・糖尿病

ペットも人と同じく糖尿病になります。糖尿病は徐々に進行するためなかなか気がつきませんが、そのままにしておけば死に至る恐ろしい病気です。ペットが糖尿病になってしまったときに一番大切なことは毎日の食事管理です。さて、どのようなことに気をつけて管理すればよいのでしょうか。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

前回、動物病院にはそれぞれの病気に合わせた療法食があるって言っていたね。それぞれについて簡単に解説してもらったけど、その中でも糖尿病になってしまった時の食事についてもう少し詳しく教えてもらおうかな。そもそも糖尿病ってどんな病気なんだろう?


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

【糖尿病とは?】

私たちもペットも食事をして、それを消化、吸収して生命を維持するためのエネルギーを得ています。そのエネルギーのひとつがブドウ糖で、炭水化物を消化して作られます。消化管で吸収されたブドウ糖は血流に乗って体のあちこちに運ばれて使われますが、余ったものは肝臓でグリコーゲンとして蓄えられます。また、血液中のブドウ糖(血糖)が使われて減ってしまうと今度は逆に蓄えられたグリコーゲンがブドウ糖に変化します。このように血糖値は常に一定に保たれるようにできています。
ところが、細胞がブドウ糖を取り込んでエネルギーとして使うために必要なホルモン"インスリン"の作用が何らかの原因で低下してしまうと、細胞は血糖を使うことができなくなるため、血糖の濃度はどんどん上昇してしまいます。この状態を高血糖と言い、これが持続すると糖尿病になってしまいます。
インスリンの作用が低下する原因としては、インスリンを作れなくなってその量自体が減ってしまう場合と、インスリン自体はあるものの、作用が弱くなってしまう場合の2通りがあります。

【糖尿病の症状】

血糖値が一時的に高いだけならあまり問題はありません。しかし、高血糖をそのままにしておくと次第に元気・食欲がなくなり、水ばかりたくさん飲むようになります。犬の場合、糖尿病性白内障といって目が白濁してしまい失明することもあります。細菌感染をおこしやすくなり、膀胱炎や腎機能の低下が起こることもあります。更にはケトアシドーシスという状態になって昏睡後に死亡してしまうこともあります。

【糖尿病になったら気をつけること】

糖尿病と診断された場合、治療で最も大切なことは血糖の値を一定に保つことです。インスリンの量自体が減っている場合には注射でそれを補う必要があり、自宅で飼い主さんが注射を毎日行わなければいけないこともあります。それと同時に食事による健康管理も行っていく必要があります。食後の急激な血糖値の上昇を起こさないように調整された食事にすることや、肥満が原因で糖尿病となったペットの場合はそれを改善させるように調整された食事にすることが大切です。

【糖尿病治療の食事】

血糖値は、消化のよいものを一度にたくさん食べた後に急激に上昇することがあります。通常であれば、それは一時的なもので血糖はすぐに体内に取り込まれます。しかし、インスリンの作用が弱い子の場合、血糖がなかなか取り込まれずに高い値のまま維持されてしまいます。それを避けるには、消化速度の異なるいくつかの炭水化物を組み合わせて、血糖値を取り込むタイミングをずらす必要があります。
半生タイプのフードにはブドウ糖が多く添加されているものもありますが、そのようなフードは急激に血糖値を上昇させるため糖尿病時には与えない方がよいでしょう。
また、繊維質は排泄物をスムーズに動かし栄養素の急激な吸収を防ぐ働きがあるため、血糖値を急激に上昇するのを防ぎます。
ただし、血糖値のことだけで、必須栄養素が十分に取れなければ療法食として失格です。肝臓や腎臓といった大切な臓器が損傷を受けることもある糖尿病時には、十分なたん白質とミネラルやビタミンなどの栄養が過不足なく含まれている必要があります。

【肥満による糖尿病予防のための食事】

糖尿病は遺伝やストレスなども要因のひとつとなりますが、肥満を防止することによって発症を予防することもある程度可能です。猫の場合、肥満によって糖尿病を発症する確率が4倍になるといわれています。脂肪代謝促進の効果がある物質をフードの中に添加することによって肥満を防止したり、食事全体を低脂肪にすることが糖尿病の予防にもつながります。

【与え方】

食事の間隔や時間は、インスリン注射の時間や持続時間などによっても異なります。獣医師の指示に従い、なるべく時間をずらさないようにして与えましょう。また、糖尿病時には比較的水をたくさん飲みますので、新鮮な水を常にたっぷりと用意してあげましょう。
しかし、せっかく血糖値をコントロールできる食事を与えても、おやつなどを与えていたら台無しです。血糖値や体重がコントロールできなくなるばかりでなく、糖尿病用の食事を食べなくなってしまうかもしれません。決められた食事以外のものは与えないようにすることが大切です。

獣医師からのメッセージ

糖尿病になってしまったペットの食事管理では、気をつけなければならないことがたくさんあります。市販のフードや手作り食でそれをクリアするのはなかなか大変です。このような時、私たち獣医師は「アイムスベテリナリーフォーミュラ 血糖アシスト」のような療法食をオススメしています。血糖アシストは食後の血糖値を急激に上昇させないようにグレインソルガムや大麦といった炭水化物を選んでおり、発酵繊維質としてビートパルプを適度に混合してあります。また、低脂肪でL-カルニチンのような脂肪代謝を促進するビタミン類似物質も添加してありますので、肥満防止にもなります。もちろん全ての必須栄養素を含んでいるので、このような療法食を使用しながらペットが健康な体を取り戻すお手伝いをしてあげてください。

ゼノくん、アックちゃんからの一言

糖尿病って人でもよく聞く病気だから、たいした病気じゃないと思っていたけれども、治療も大変な怖い病気だったんだね。こんな病気にはなるべくなりたくないから、今から肥満にはくれぐれも気をつけようっと。

イムス血糖アシスト犬用 アイムス血糖アシスト猫用

↑ このページのトップへ