動物の病気:愛犬・愛猫のために 〜予防したいペットの病気〜

ワクチンと健康診断

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

ワクチンって、生まれた年は数回、あとは年に1回ずつ打つ(初めてのワクチン)っていうのはよくわかったね。でも、ワクチンのために病院に行くと、お注射以外にもいろいろなことをしてくれるらしいよ。実際にどんなことをするんだろうね?獣医師の先生に聞いてみよう・・・


ワクチンを打つ前にはこんな検査をします

ワクチンで最良の効果を得るために、接種時はペットが健康体であることが大切です。そのため、ワクチンを打つ前に獣医師は健康状態を診断をします。ワクチンのときの健康診断はペットに負担が少なく結果がすぐに出る簡単な検査ですが、それでもそれらの結果を総合的に判断することによって、体の状態を把握することが出来ます。具体的には次のようなことを行うことが多く、もし、異常が見つかればワクチン接種を延期にすることもあります。


検便・検尿

消化管内の寄生虫や泌尿器系の疾患を見つけることができます。おしっこやうんちはおうちで採って持っていくと良いでしょう。(おしっこやうんちの上手な採り方はこちら

問診

普段の生活状態を獣医師が問診します。食餌の内容や食欲、お散歩の様子などは大切なチェックポイントとなるので、答えられるように普段からよく把握しておきましょう。また、生活環境が変化したり(家族構成の変化、住環境の変化など)、気になることがあれば忘れずに伝えておきましょう。

視診・触診

ペットの体を外側から見たり、触ったりしながら異常がないかどうかを調べていきます。皮膚の異常(しこりや炎症)、白内障などの目の病気、外耳炎などを見つけることができます。また、触診することでお腹の中の腫瘍や異物がみつかることもあります。

体温

ペットの体温は肛門に体温計を入れたり、耳の中に計測器を入れたりすることによって計ることができます。犬や猫の平熱はだいたい37.5~38.5度くらいですが、興奮しやすいペットは少し高めのこともあります。

聴診

聴診器を使って、心臓の音や呼吸の音、腸の音などを聞きます。これによって心臓の弁膜症や肺炎などを診断することができ、病気の早期発見にもつながります。


獣医師からのメッセージ

ワクチンを打つときには、このように慎重にペットの健康を調べてから行うようにしています。言い換えれば、ワクチンを打つたびにペットは健康診断をしてもらっているということです。この健康診断によって病気を早く見つけることができたり、獣医師と話すことによって、日常ペットと生活する中での飼い主さんの疑問点や注意しなければならないことも知ることが出来るのです。
普段、とても健康でワクチンの時くらいしか動物病院に行かない、というペットほど、年に1回のワクチン接種の機会を大切にし、病気の予防、早期発見に努めて下さい。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

そうか、ワクチンを打ちに行ったからって、「ちくっ、おしまい」じゃないんだね。 病院に行くたびに動物病院の先生は、体のすみずみまで僕たちのこと気をつけてくれているんだね。

↑ このページのトップへ