関連情報

関連製品

動物の病気:愛犬・愛猫のために 〜予防したいペットの病気〜

もっと知りたい ワクチンのコト!

私たち人間は子どもの頃に予防(ワクチン)接種をすることで病気を予防しますが、人間と同じように犬や猫にも病気を予防するためのワクチンがあります。ただし、人間と異なり定期的にワクチン接種を受けなければ効果が弱くなることが知られており、ワクチンの種類もさまざまです。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

僕、お注射はあんまり好きじゃないなぁ。でも打たないと、もっと怖い病気になっちゃうんだって。僕らの飼い主さんもワクチンを打たなきゃって言ってはいるけど、どうして必要なのか詳しく分かっているのかな?獣医師の先生にワクチンのことをもっと詳しく聞いてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

ワクチンってなんだろう?

子犬、子猫を飼うとき、ペットショップなどでまず言われますよね?「ワクチンの1回目はもう済んでいます」もしくは「ワクチンはまだ打っていません。必ず打ってください」と。では一体ワクチンって何なのでしょうか?どうしてワクチンがそんなに重要なのでしょうか?
ワクチンというのは簡単に言ってしまうと「病気が発現しない程度に弱らせた病原体(ウイルスや細菌など)、あるいは死滅させた病原体やその一部分をわざと体に入れて、体にその病気に抵抗できる準備をさせることにより、その後その病原体が体に入ってきても発症を抑える、もしくは発症しても症状を軽く済ませられる」というものです。ですから、ワクチンは病気を抑えるのではなく、体の抵抗力を高めさせるものと言った方がよいでしょう。
体の中に抗体(ウィルスや細菌などにくっつき、病原性を失わせる働きを持つたんぱく質)を作らせ、次に同じ病原体が入り込んだら、すかさず攻撃しやっつけることができるように免疫力をつけておくものなのです。


どうしてワクチンが必要なの?

犬や猫のワクチンは、特効薬がない病気、発症すると重症になったり後遺症が残る病気、感染力がとても強い病気、人にも感染する恐れのある病気に対して作られます。そして、これらの病気は悲しいことにまだまだあちこちで発生している、すなわち、すぐ近くに病原体が潜んでいる病気なのです。病原体はおしっこや糞に含まれていたり、空気中をただよって他の子に広まっていきます。つまり何気ない他の犬や猫との交流やお散歩などで、その病気に簡単に感染してしまうことがあるということです。病原体に感染してしまった後で、治療法がない、ワクチンを打っておけばよかった、という後悔はしたくないですよね。見えない感染症だからこそ定期的にワクチンを打ち、常に病気を予防しておくことが必要なのです。


ワクチンっていつ打てばいいの?

生まれたての動物は、胎盤もしくは母乳を介して抗体をもらっているため、比較的病気にはなりにくいのですが、生後1.5〜2カ月を過ぎたあたりからその効果はだんだん薄れてきてしまいます。ワクチンは、お母さんからの抗体があるときには効果を十分に出すことが出来ませんが、その抗体がなくなってくると力を発揮してくれます。お母さんからの抗体がなくなっていく時期は個体差がありますが、初めてのワクチン接種は通常生後2カ月あたりに行います。それから3〜5週間おきに複数回(ほとんどの場合2〜3回)行うとよいでしょう。ワクチンは1回接種したから大丈夫というものではありません。効果は少しずつ薄れていくので、その後も年に1回の追加接種が推奨されています。


ワクチンで予防できる病気 犬&猫

現在ワクチンで予防できる病気は以下のとおりです。狂犬病ワクチンの接種は法律で義務付けられていますが、他の病気については犬や猫の生活環境や年齢によって必要なワクチンの種類は異なりますので、獣医師とよく相談しましょう。

犬ジステンパー・犬パルボウイルス感染症・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス2型感染症・犬パラインフルエンザ感染症・レプトスピラ症・コロナウィルス感染症・狂犬病
猫汎白血球減少症・猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫白血病ウイルス感染症・クラミジア感染症・猫免疫不全ウイルス感染症

ワクチン証明書で接種内容を確認

ワクチンを打ったときには証明書を発行してもらうことができます。証明書は何のワクチンを打ったかが分かるようになっていて、多くの場合、ワクチン1本に対して1枚ずつ、製品のロット番号が載っているシールが貼られています。実際のワクチン証明書の例を示してみましょう。

予防接種証明書

ワクチン証明書には、以下の項目が記載されています。
  1. ワクチンを誰に打ったのか(飼い主さんの住所・名前、ペットの名前・種類・生年月日・性別など)
  2. ワクチンを誰が打ったのか(動物病院の住所・電話番号・獣医師の名前)
  3. 何を打ったのか(ワクチンの種類・ロット番号・どんな病気に対するワクチンなのか)
  4. いつ打ったのか
  5. 次はいつ打てばよいのか

ワクチンの証明書は「いつ、何の病気に対するどんなワクチンを打ったのか」ということが分かる大切な書類です。動物病院だけでなく、ペットホテルに預けるときやトリミングに行った時に必要になることもありますので、なくさずに保存しておきましょう。


獣医師からのメッセージ

もし、接種するタイミングや種類など不安なことがあれば、前もって獣医師に相談してみましょう。
年に1回の追加接種は、定期的にペットの健康状態を獣医師に見てもらう絶好のチャンスでもあるので、忘れないようにしましょう。

ゼノくん、アックちゃんからの一言

ワクチンのお注射は僕たちへの愛情の証だったんだね。
これからは僕たちから言わなくっちゃね。「ワクチン打って」って。

↑ このページのトップへ