関連情報

関連製品

動物の病気:愛犬・愛猫のために 〜予防したいペットの病気〜

ワクチン接種時に気をつけたいこと

ワクチン接種を受けることはとても大切ですが、単にワクチンを打てばいい、というものではありません。ワクチンはどんなときに打てばいいのでしょうか?また、打ったあとはどのようなことに注意をすればいいのでしょうか。ペットを守るためのワクチン接種だからこそ、それによる負担を軽くするためにも接種時には多くの気を配りたいものです。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

年に1度のワクチン接種。今年も動物病院から追加接種のハガキが来たみたい。でもワクチンって何だかちょっと怖いな。ワクチンを打ったあとって、普通にお散歩とかしていいのかな?お風呂は入っていいのかな?
獣医師の先生にきいてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

ワクチンを打つ日を選びましょう

ワクチンはもともと体の中にないもの(異物)が入るわけですから、ワクチンを打つ日はなるべくペットが精神的にも肉体的にもおだやかで健康な日を選びましょう。体の具合がちょっとでも悪い日、またはとても疲れている日、お客様が来るなどの特別な日、発情中や妊娠中などであれば、先生と相談して日程をずらしてもらいましょう。また、飼い主さんにはワクチンを打った後もしばらくは様子を見ていてもらいたいので、なるべく午前中に来院できる日、おうちに帰ってもしばらく様子を見ていられる日を選んでください。
ワクチンによる免疫は一生続くものではありませんので基本的に1年ごとの追加接種を行います。しかしながら、1年経つとワクチンの効果がゼロになってしまうわけではありませんので、ワクチン接種日が多少ずれても問題ありません。


初めて家に迎えた場合は、「慣れてから」

子犬や子猫を家に迎えたら、もしくはすでに成犬・成猫で他の人から譲り受けるなどして、すぐにワクチン接種をする必要がある場合でも、まず家族や環境に慣れさせ十分ストレスが取れてから動物病院の先生とワクチンの相談をし、状態がよければ接種をしてもらいましょう。特に子犬や子猫の場合は、ワクチン接種予定日から多少ずれたとしても決してあせらず、家の中で他のペットと接しないようにしながら、その子の体調が万全な時を待って打ってもらいましょう。


ワクチンを打ったあと

ワクチンを打った後しばらくは安静に過ごせるようにしてあげましょう。2〜3日はお散歩もなるべく短く、飼い主さんからすすんで遊びに誘ったりはしないようにしましょう。また、お風呂や旅行などストレスがかかることも1週間から10日は控えたほうがいいでしょう。ワクチンを打ったからといって、すぐに病気を防ぐことができるわけではありません。病気に対して免疫力がつくまでには日数がかかるため、公園やトリミングなど多くの動物が集まる場所に行くのは、接種後1〜2週間程度たってからにした方がよいでしょう。


ワクチンの副作用について

さほど心配する必要はありませんが、その子の状態や体質によっては注射部位の痛み、発熱、元気食欲の低下などの症状を示す場合があります。また、アレルギー体質の子では全身のじんましん、顔面の浮腫(顔が腫れる)などがみられることもあります。稀にアナフィラキシーショックという通常ワクチン接種後15分以内に現れる急激なアレルギー反応を起こす子がいます。これは非常に危険な状態ですので、万が一の際にすぐに対応ができるようワクチンを打った後はしばらく待合室で様子を見ているといいでしょう。また、その他の副作用についても、よく観察を行い、少しでも変だなと思ったらすぐに病院に連絡するようにしてください。
また、一度でも副作用の出た子は、接種前に必ず先生にそのことを伝えてください。


獣医師からのメッセージ

ワクチンは発症すると治りにくい、感染力の高い病気を予防する上でとても重要です。よく理解した上で正しく接種すれば愛するペットを病気から守ることができます。ワクチンで怖い病気を予防し、安全で健康な日々をプレゼントしてあげましょう。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

ワクチンって怖いと思っていたけど、僕たちの体を守ってくれるものなんだね。それに、なにかあっても、おうちの人がちゃんと見ていてくれるから安心だね。
ワクチンの大切さについては分かったけど、もっと詳しく知りたくなってきたよ。ワクチンって言ってもいろんな種類があるらしいしね。いつ打てばいいのかってことも気になる。次回からはひとつひとつ詳しく説明してもらう事にしよう。

↑ このページのトップへ