関連情報

関連製品

動物の病気:愛犬・愛猫のために 〜予防したいペットの病気〜

初めてのワクチン

ペットを大切な家族の一員にするということは、同時にその子を一生守っていくという責任を持たなくてはなりません。その責任の一つとして、忘れてはいけないのがワクチンの接種です。ここでは子犬のときにおこなうワクチン接種の基礎についてお話ししましょう。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

ワクチンはいろいろな病気を予防してくれるっていうのはいままでの説明でよく分かったけど、一番初めに打ったワクチンってどうだったっけ?なんか2回くらい打ったような気もするんだけど?
獣医師の先生に聞いてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

初めてワクチンを打つ時には、まず動物病院に相談しましょう

子犬や子猫をおうちに迎えたら、まず家族や環境に慣れさせましょう。そして十分ストレスが取れてから、動物病院の先生とワクチンの相談をしましょう。もしも、おうちに来る前にペットショップなどでワクチンを打っている場合は、動物病院へ行く際にワクチン証明書を持って行き、その旨もきちんと話をしておきましょう。ワクチンの効果を最大にするには、接種時に健康であることが大切です。接種前には動物病院で健康診断をしてもらうのがよいでしょう。


赤ちゃんは移行抗体で守られています

生まれたての子犬や子猫は、病気に対する十分な抵抗力が備わっていません。代わりに、病気にかからないようにお母さんの初乳を介して免疫物質(抗体)をもらいます。これを移行抗体と言います。
もらった移行抗体は徐々に減っていくため、それと同時に病気に対する抵抗力も弱まってきます。お母さんが持っている抗体の量や、子犬や子猫が飲む初乳の量によって、もらう移行抗体の量は変わるため、その消失時期にも幅があります。消失時期は早くて45日前後、遅いと150日くらいと言われています。
ワクチンは自ら抗体を作るように刺激するものですが、移行抗体が多く残っているときにワクチンを打っても、ワクチンの効果は抑えられてしまいます。ですので、ある程度移行抗体がなくなったときにワクチンを打つ必要があるのです。
ワクチンを打つ時期が早すぎてもダメ、遅すぎてもダメなのです。


だからこそ初めの年は2回以上のワクチン接種が必要です

移行抗体が消失する時期がはっきりとわからない以上、ワクチンを接種する時期を判断するのはなかなか難しいことです。かと言って、移行抗体が消失してしまったあともワクチンを打たないでいれば、病気にかかってしまうかもしれません。そこで一般的には、まず移行抗体がなくなる生後6~9週齢に1回接種し、その3~4週間後に1回、さらに獣医師の指導に基づいてその3~4週間後にもう1回接種することで、予防を確実なものにするのです。

移行抗体の消滅時期はその子によって異なります


そのあとは年に1度の追加接種です

ワクチンによって獲得した免疫の効果は永久ではありません。時間と共に徐々に下がってきてしまいます。そこで、年に1回追加接種を行い、再び免疫力を上げるようにします。


獣医師からのメッセージ

小さな子犬や子猫は病気に対する抵抗力が十分に備わっていません。特に、お母さんから離れ、ペットショップで暮らし、さらに新しい家族と出会って生活環境も変わったペットたちは、ストレスで病気にかかりやすい状態になっています。
正しいワクチン接種で、病気から守ってあげましょう。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

僕たち小さい頃から頑張って何回もワクチンを打ったから、今もこんなに元気でいられるんだね。これからも頑張らなくっちゃ。

↑ このページのトップへ