関連情報

関連製品

動物の病気:愛犬・愛猫のために 〜予防したいペットの病気〜

フィラリア症対策ありジュール

犬フィラリア症予防のためには、お薬の投与を確実にすることはもちろんですが、ただお薬を飲ませればいいというだけではありません。「いつ」するのか、犬フィラリア症を完全に予防するために、その対策をしっかり理解しましょう。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

犬フィラリア症の予防対策って、「いつ」すればいいんだろう?犬フィラリア症予防の時期になったらどんなスケジュールでお薬を飲めばいいんだろう?獣医師の先生、詳しく教えて!


犬フィラリア症を予防するには

一番良いのは蚊に刺されないことかもしれません。でも実際にそれがとても難しいのは、人でもそれが出来ないことから良く分かると思います。蚊は、気温が15度以上あれば活動すると言われています。最近は、地球温暖化の影響もあり、蚊の活動時期も延びているので、冬でも蚊を見かけるようになりました。室内飼いだから、外に散歩に出ないからという考えも危険です。人間だって室内で蚊に刺されてしまうことはありますよね。完璧に蚊に刺されないようにするのは容易ではありません。では、どうしたらいいのでしょう?
答えは、蚊に刺されたとしても犬フィラリアが心臓や肺動脈にたどり着く前に駆除してしまえばいいのです。現在はこのタイプの予防薬が一般的で、月に1回飲ませることによって犬フィラリア幼虫を駆除します。

予防薬はいつ投与したらいいの?

予防薬のパッケージに「犬糸状虫感染開始後1カ月から感染終了後1カ月までの期間、毎月1回摂取させる」とありますが、これは「蚊が見られて1カ月後から蚊がいなくなって1カ月後まで毎月1回投与する」ということです。もし4月に蚊を見つけた場合は5月に薬の投与を始めて、6月、7月・・・と月1回予防薬を飲み続けます。11月に蚊がいなくなったとしたら予防薬は12月まで投与すればその年の犬フィラリア症予防は完了です。

月1回のお薬で予防できます

お薬投与開始のタイミング 蚊が出始めてから1カ月後に投与をスタートする理由

カルドメックの場合、蚊が出始めたからといってすぐにお薬を投与する必要はありません。それは、犬フィラリアが成長するタイミングと関係しています。
犬フィラリア幼虫をもった蚊に刺されると、犬の皮膚に犬フィラリア幼虫(L3)が入り込みます。その後3〜10日間ほどで、幼虫は脱皮して一回り大きくなります。この大きくなった幼虫のことを移行幼虫(L4)と言いますが、カルドメックはこの移行幼虫を100%駆除します。ですから、蚊に刺された直後に予防薬を投与するのではなく、時間をおいてから投与を開始するのが良い、というわけです。
では、なぜ1カ月後なのかというと、移行幼虫は50〜70日程で脱皮して大きくなります。大きくなってしまうと薬が十分に効きませんから、大きくなる前に薬を投与しておく必要があります。そのタイミングが1カ月なのです。

カルドメックは前の月に体内に入った幼虫を駆除します

カルドメックを一回投与すると、前の月に感染した犬フィラリアの幼虫をまとめて駆除することが出来ます。ですから、カルドメックは月に一度の投与で犬フィラリア症を予防することが出来るのです。

お薬投与終了のタイミング カルドメックは蚊がいなくなってから1カ月後まで続けましょう

カルドメックは、「犬フィラリアが犬の体内に入らないようにする予防薬」ではなく、「犬の体内に入ってしまった犬フィラリアの幼虫が、心臓にたどり着いて犬フィラリア症を発症しないようにするための犬フィラリア幼虫駆除薬」です。
10月で蚊が見られなくなったからと言ってそこでパッタリと投薬を止めてしまったとすると、その数日前に飛んでいた犬フィラリア幼虫を持っている蚊に対しては、まったくの無防備になってしまいます。もしその蚊に刺されていたら、次の年に心臓や肺動脈に成長した犬フィラリアが住み着くことになってしまうのです。
ですから犬フィラリアのお薬は、「蚊のシーズンが終了してから1カ月後まで」、1カ月に1度確実に続けることが大切なのです。

犬フィラリア症対策は獣医師との二人三脚で

「もう蚊の季節ね。去年のお薬残ってたからこれをあげておけば大丈夫」と思っては大間違いです。お薬をきちんと投与できなかったり投与したと思っていても実は飼い主さんの見ていないところで吐いたり十分に吸収できなかったりした場合、犬フィラリア症に感染している可能性があります。
犬フィラリア症に感染しているのにお薬を投与すると、ショックなどの副作用症状が現れることがあり大変危険です。そうならないためにも、犬フィラリア症の予防薬を開始する前に動物病院で犬フィラリア症に感染していないことを検査で確かめるのが良いでしょう。犬フィラリア症予防は獣医師の診察を受けてから始めましょう。

犬フィラリアの検査方法

一般的には血液で犬フィラリア感染があるかどうかを調べます。
犬フィラリア成虫が存在する証拠(抗原)を見つけ出す検査が、現在最も感度が高い診断法とされています。犬フィラリア抗原を検出する簡易キットがあり、通常10分程度で診断することができます。
また、犬フィラリア成虫がミクロフィラリアを産んでいれば、血液を顕微鏡で見ると小さなミミズのようなミクロフィラリアを見つけることができます。

投薬日を忘れないためのサービスも

「月に一度飲ませなくちゃいけないけれど、ついうっかり忘れちゃうわ」そんな飼い主さんの声をよく聞きます。しかしその「ついうっかり」が原因で、大事なペットが犬フィラリア症に感染してしまう可能性もあるのです。そんな飼い主さんたちのために、毎月の投薬日にカレンダーにシールを貼ったり、最近ではメールで投薬日をお知らせしてくれるサービスも始まりました。これを利用して、きちんとした犬フィラリア症予防をしてあげましょう。
また、多くの動物病院では、犬フィラリア症対策が必要な時期に、葉書などで飼い主さんにお知らせしています。蚊の時期がきたらワンちゃんもネコちゃんも必ず動物病院に連れて行きましょう。

獣医師からのメッセージ

犬フィラリア症予防薬の投与で大切なことが2つあります。

  • 「期間中は確実に飲ませる」
  • 「蚊が見られなくなってからの最後の投薬を忘れない」

蚊が出る期間は地域によって異なります。例えば、同じ県内でも海辺の方が暖かいため蚊が早く発生するといったケースや、水辺が近くにある地域で蚊の発生数が多いため他の地域より1カ月分多く投薬しなければならない、といったケースがあります。
投薬期間はかかりつけの先生によく相談しましょう。

ゼノくん、アックちゃんからの一言

せっかく毎月犬フィラリア症予防薬を飲ませてもらえるんだもん。やっぱり、きちんと効果が現れるように飲ませてくれないと、僕たちも困っちゃうよね。飼い主さん、よろしくね!

↑ このページのトップへ