関連情報

関連製品

動物の病気:知ることから始めよう! 〜分かりやすい病気の話〜

アトピー性皮膚炎について

前回、皮膚炎の話を聞いたよね。その中でも、「アトピー性皮膚炎」に悩む犬たちが増えているんだって。アトピー性皮膚炎って、どんな特徴のある皮膚炎なんだろう・・・。獣医師の先生に聞いてみよう。


アトピー性皮膚炎とは・・・?

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性皮膚炎の一種です。
まずは、アレルギー性皮膚炎について理解しておきましょう。

アレルギー性皮膚炎とは、イエダニやカビ、花粉など様々な物質(アレルゲン)に対して、体が「これは異物(侵入者)だぞ!」と判断し、「出て行け!出て行け!」と排除しようと過剰に反応するために起こる症状です。健康なペットでもアレルゲンが体の中に入ると、それを排除するためのたんぱく質(抗体)が作られますが、アレルギー体質のペットの場合には、この抗体が過剰に作られてしまいます。 作られた抗体は、肥満細胞という細胞を刺激し、肥満細胞からは「ヒスタミン」というかゆみや炎症の素が放出されるのです。

アトピー性皮膚炎は、生まれつきの体質(素因)が大きな原因となっています。特徴として、「様々なものに抗体を作りやすい」「皮膚のバリア機能が弱い」などがあります。

アトピー性皮膚炎の症状

体質的にアトピーを持つペットのうち、7割が3歳以内に発症するといわれています。はじめはある季節だけかゆがっていたのに、それがだんだんと一年中かゆがるようになります。症状は主に、脇の下や足の股、顔、耳、首から胸、指の間などの皮膚の弱いところに見られます。
いつも足や口を使ってかいていると、次のように皮膚が変化してきます。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の診断には時間がかかってしまうんです

残念ながら現在のところは、アトピー性皮膚炎であることを一度で診断する方法は確立されていません。他の病気でないことが明らかになった上で、アトピー性皮膚炎以外に考えられない、となった時にはじめて診断することができるのです。つまり、アトピー性皮膚炎は診断までに時間がかかる病気なのです。

次のような疑問を持って検査を行い、どれも原因として特定できない場合には、アトピー性皮膚炎が疑われます。

寄生虫感染ではないか? ノミやカイセン、ニキビダニが寄生することで、皮膚のかゆみが引き起こされることがあります。ノミは目に見える寄生虫ですが、カイセンやニキビダニは目に見えないほど小さく、皮膚の下にもぐりこんでいるため、何回も検査を行う必要があります。
細菌感染ではないか? 皮膚に細菌が感染することによって、皮膚炎をおこす病気を「膿皮症」といいます。適切な処置を行えば、比較的早く治すことができます。
マラセチア感染ではないか? マラセチアというのは真菌の仲間で、主に皮脂を栄養としています。薬用のシャンプーを使って余分な皮脂を取り除くことが主な治療となります。また、飲み薬で治療することもあります。
食餌性アレルギーではないか? 同じアレルギーでも、フードの中のたんぱく質がアレルゲンとなって、アレルギー性皮膚炎となることがあります。症状は口元やお尻の周り、指の間や耳に出やすく、食餌を変えることによって軽減します。

アトピー性皮膚炎はどうやって治すの?

残念ながら、アトピー性皮膚炎は生まれながらの体質によるものが大きいため、完治すことはとても難しいのが実情です。しかしながら、皮膚炎の症状をできるだけ抑える治療は可能です。動物病院で処方してもらう薬で症状を抑えながら、同時にペットの生活改善を行いましょう。

飼い主さんができる生活改善策
  • シャンプーで清潔に!!
    体についたアレルゲンを取り除くことは、症状を軽減させるためにとても重要です。皮膚の状態にあったシャンプーを動物病院で処方してもらい、こまめにシャンプーしましょう。できれば、シャンプーしない日もお湯で流す程度に体を洗ってあげるとよいでしょう。アトピー性皮膚炎のペットの皮膚は乾燥しがちです。シャンプーの後には、保湿成分が入ったコンディショナーなどを使うとよいでしょう。
  • 皮膚をサポートする専用フードを活用!
    アレルゲンとなりにくいたんぱく質を含んだ「低アレルゲンフード」や皮膚をサポートする脂肪酸を含んだ「皮膚用療法食」などを動物病院で処方してもらうのもよいでしょう。
  • お掃除でアレルゲンからペットを守る!
    空気中のハウスダストやイエダニの死骸を取り除くために、お掃除はとても重要です。掃除機はこまめにかけ、ペットが使う敷物や布団は、できれば毎日洗濯し、取り替えましょう。イエダニは温度20~30度、湿度70%以上の湿った環境で繁殖します。室内の湿度管理も忘れずに!

ゼノくん、アックちゃんからの一言

かゆいのは本当にツライよね。症状を少しでも軽くできるよう、飼い主さんのケアが大切なんだね。シャンプーだって、薬を飲むことと同じくらい大切な治療らしいよ。次回は、シャンプーによる治療の話を聞かせてもらおう。

↑ このページのトップへ