関連情報

関連製品

動物の病気:知ることから始めよう! 〜分かりやすい病気の話〜

ペットによく見られる心不全、僧帽弁閉鎖不全症について

心不全という言葉は人の病気でもよく聞きますね。年をとったワンちゃんにも「僧帽弁閉鎖不全症」という心不全を引き起こす病気は比較的よくみられます。では心不全になってしまったら、心臓はどうなってしまうのでしょう?また、どんな症状があるのでしょうか?もしこの病気にかかってしまったらどうしたらいいのでしょう?

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

このあいだ、お散歩のときに会ったおじいちゃん犬、とっても元気そうだったんだけど、心不全っていう病気で毎日お薬を飲んでいるんだって。心不全って何だろう?
獣医師の先生に聞いてみよう。


心不全とは、何らかの原因で心臓の働きが弱くなり、十分な血液を体に送れなくなっている状態をさす用語です。

年をとって心臓が弱ってきたり、心臓の弁がうまく機能しなくなったり、犬フィラリアが心臓に寄生したせいで血液がうまく流れなくなってしまったり、心臓を動かす筋肉や神経が壊れてしまったりすることで心臓が十分な血液を体に送ることができなくなってしまう病気のことをまとめて心不全というんだ。
そのおじいちゃん犬はおそらく「僧帽弁閉鎖不全症」という病気を持っているんだろうね。歳を取った犬には多く見られる病気なんだ。


え、なになに?「そうぼうべんへいさふぜんしょう」?なんだか難しい名前の病気だね。具体的にはどんな病気なの?

「僧帽弁閉鎖不全症」は心臓の弁がうまく閉まらなくなる病気です

心臓内の血液の流れ。左心房と左心室の間に僧帽弁(そうぼうべん)がある。心臓が血液を全身に送るポンプのような働きをしていることは知っているよね。心臓の中は右心房、右心室、左心房、左心室という4つの部屋に分かれていて、左右の心房と心室はそれぞれ弁で仕切られている。この弁のおかげで血液を一方向に確実に送り出せるようになっているんだ。このうち、心臓の左側、すなわち肺からの血液を全身に送る側にある弁を「僧帽弁(そうぼうべん)」というのだけれど、年をとってくるとこの弁の形が変形してきたり、弁を動かしている腱が弱ってきたりして、きちんと閉まらなくなってくることがあるんだ。これが「僧帽弁閉鎖不全症」という病気だよ。この病気になるときちんと閉まらなくなった弁の隙間から血液が逆流してしまい、血液の流れが一方向ではなくなってしまうんだ。


血液が逆流すると、どうなっちゃうの?

血液の流れが滞ると全身にわたって障害が出てきます

心臓の中で血液が逆流してしまうと、逆流した分だけ体へ送り出す血液が減ってしまうんだ。はじめは少量だから大きな障害は出ないことが多いけれど、進行して徐々に逆流する量が増えてくると、体へ流れる血液が足りなくなってくるんだよ。すると心臓は今まで通りの血液量を送り出そうとして血液を送り出す回数(心拍数) を増やして今まで以上に頑張って働くようになるんだ。頑張り続けているとだんだん心臓は大きくなってくるんだよ。でも心臓はいつまでも頑張っていられなくなって、だんだん疲れて弱ってきてしまうんだ。こんな状況になると、私たちの体は全身へ流れる血液量を維持しようと血管を縮めたり、おしっこの量を減らして体に水分を貯め込んだりして、血液がちゃんと流れるように調節してくれるんだ。でも実際は、これによって血圧が上昇して心臓がますます弱ってきちゃうんだよ。
さらに、病気が進行すると肺に水がたまってくるんだ。血液の流れは、"肺→僧帽弁→全身" だったよね。
僧帽弁から血液が逆流すると肺に血液が滞ってくる。そうすると血液中の水分が肺にしみ出て肺に水がたまってしまう。そうすると呼吸がうまくできなくなってしまうんだ。


どんどん悪いほうにいっちゃうってことだね。呼吸ができなくなっちゃったら、確かにつらいよね

心不全になるとさまざまな症状があらわれます

僧帽弁閉鎖不全症の初期には症状が見られないことが多いけれど、進行してくると、血液のめぐりが悪くなるから、ちょっとした運動でもすぐに疲れたり息苦しくなって座り込むことが多くなってくるんだ。ひどくなると脳貧血で失神してしまうこともある。きみたちの顔色を見ることはなかなか難しいけど、肉球が白っぽく見えたり、舌の色が紫色になっていることから血液が上手く循環していないな、とわかることもあるんだよ。また負担がかかって大きくなった心臓は、すぐ上にある気管に触れるようになって、その刺激から咳がみられるようにもなってくる。これは特に夜寝ているときや、激しい運動をしたときに起こりやすいようだね。
また、肺に水がたまる「肺水腫」という状態になると、湿った咳が出るようになったり、呼吸がとても苦しくなってしまうんだ。


そんなにひどくなる前に心不全になっているかどうかを調べる方法はあるの?

いろいろな検査を行って、心不全の進行具合を調べていきます

心臓は直接見えない臓器だけど、粘膜の色や咳などの症状に加えてさまざまな検査を行い、総合判断することによって心臓の状態を調べることはできるよ。
まずは聴診器による聴診だね。血液が逆流する音は聴診することで聞き取れることがあるんだ。また、血液が逆流すると、心臓が大きくなったり不整脈が表れたりすることもあるね。
心電図というのは心臓の筋肉を動かしている電気の流れを見る装置だけど、心不全になると正しく電気が流れていないことがあるため、心臓の異常を発見することができるよ。
また、レントゲンで心臓の大きさや形の異常を調べたり、エコー(超音波)検査で血液の逆流や、弁の動き、筋肉の厚みなど心臓の中の状態を見ることができるんだ。

もし、心不全になってしまったら、どうしたらいいんだろう?

慢性心不全のためのお薬があります

心臓本体を治すことはとても難しくて、動物での手術はまだまだ一般的ではないんだ。だから僧帽弁閉鎖不全症になってしまったら、残念ながら、心臓は徐々に負担が増えて病状が進行していってしまうことがペットではまだまだ多く見られるんだ。
しかし、普段から心臓に負担をかけないような生活を心がけたり、食事を心臓疾患用の塩分を控えたフードに変えたり、心臓の負担を軽くするような飲み薬を服用することによって、心不全の進行を遅らせるようにすることは可能だよ。

あ、おじいちゃん犬はその負担を軽くするお薬っていうのを飲んでいるんだって。「エナカルド錠」っていうんでしょ?1日1回飲むだけでいいらしいね。

心不全のお薬は飲みつづけることが大切です

そうだよ。でも、その1回を忘れてはいけないよ。心不全のお薬はずっと続けることがとても大切なんだ。続けることによって、咳を減らしたり、呼吸を楽にしたり、食欲が出たり、軽い運動ができるようになったりするのだからね。「エナカルド錠」なら1シートが1週間分になっていて、しかもシートの裏側に曜日が書いてあるから、忘れにくいと思うよ。

ずーっと飲み続けていても大丈夫なの?

「エナカルド錠」は世界中で安全性が確認されています

「エナカルド錠」は世界ではじめて犬の心不全用に開発されたお薬なんだ。世界中の動物病院で使われていて、その有効性と安全性が確認されているし、ずっと飲ませることで高い延命効果が認められているんだ。体重に合わせた4種類の錠剤があって、色がそれぞれ異なるから間違えて飲む心配もないし、飲みやすいね。
心不全は確かに怖い病気だし、悪くなったものをよくすることはなかなか難しい。でもね、早期発見して早いうちから適切な処置を行えば、心不全と付き合いながら生活の質(QOL)を保って、何年も過ごすことも可能なんだ。日頃の健康チェックを欠かさず、散歩中の様子など、何か変わったことがあれば早めに動物病院に相談してほしいな。

ゼノくん、アックちゃんからの一言

年をとると、誰でも体が弱ってくるものね。心臓だって例外じゃないんだ。でも、あのおじいちゃん犬、とっても元気そうに見えたよ。きっと、心臓のお薬を飲んでいるおかげだね。「心臓に雑音がありますね」って言われても、びくびくすることはないんだ。年をとって心臓が悪くなってきたら、ストレスのない生活と塩分を控えた食事、それに「毎日のお薬」だね。

↑ このページのトップへ