動物の病気:知ることから始めよう! 〜分かりやすい病気の話〜

ペットの腫瘍について

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

僕達ペットも人と同じで、年をとると腫瘍になりやすくなるんだって。でも、腫瘍にも良性や悪性があるし、悪性にもいろいろな種類があって、早期に発見すれば治せるものもあるらしいよ。腫瘍について、獣医師の先生に聞いてみよう。


【腫瘍とは】

動物の臓器はすべて細胞から出来ていて、通常、必要なだけ細胞分裂をして増えます。しかし、それが何らかの原因で制御を失い、勝手にどんどん増えていってしまう状態があります。それを「腫瘍」と言います。腫瘍には「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」があり、「良性腫瘍」がその場限りのもので一度切除すれば再発をしないのに対して、「悪性腫瘍」は異常な速さで細胞分裂を起こし、そのままにしておくと体のほかの部分にも転移したり、切除してもまた再発してしまう可能性が高いものです。悪性の場合、腫瘍が大きくなる速度も速く、徐々に周りの組織を壊していきます。「癌」という言葉は本来「悪性腫瘍」に対して用いられる言葉です。


【腫瘍の種類】

人と同様、ペットの腫瘍も体のあらゆる部位に発生する可能性があり、腫瘍化した細胞によってさまざまな種類に分けられます。
ペットで多く見られる腫瘍をいくつか挙げてみましょう。

乳腺腫瘍

避妊手術をしていないメスで最も多く見られます。お腹の乳首のまわりに「しこり」ができ、触ると確認できます。犬の場合、半分が良性、半分が悪性と言われていますが、猫の場合はほとんどが悪性です。

肥満細胞腫

「肥満細胞」という免疫に関係する細胞の悪性腫瘍です。「肥満」といっても、体が太っていることとは関係ありません。白血球の一種です。肥満細胞は体中に存在するため、様々な部位に、様々な形で発病しますが、主に皮膚の腫瘍という形で見つかります。

リンパ腫

体の様々な場所に存在するリンパ組織が腫瘍化してしまう病気で、悪性腫瘍です。顎の下や膝の裏に存在する「体表リンパ節」が腫れることで、この腫瘍を発見することもあります。

骨肉腫

骨の悪性腫瘍です。正常な骨が溶けるのと同時に、異常な骨が増殖するため、足の骨などが変形してしまいます。


【腫瘍が見つかったら】

腫瘍の主な治療法には、次のようなものがあります。

外科的切除

麻酔をかけ、手術で腫瘍部位を切り取る方法です。完全に取り除くことが出来るのであれば、一番確実な方法です。

化学療法

抗がん剤と呼ばれる薬を使用する方法です。リンパ腫など外科的に切除できない腫瘍はこの方法がとられます。

放射線療法

腫瘍に放射線を当てることによって増殖を抑える方法ですが、専門的な装置が必要で、大学病院などで行われていることが多いものです。

その他、ペットの免疫力を高めて腫瘍を治療する免疫療法、液体窒素などを用いて腫瘍を凍らせてしまう凍結療法などがあり、必要に応じて、これらを組み合わせて行うこともあります。


【腫瘍を早期発見するために】

腫瘍が怖い病気であることは人もペットも同様です。しかし、早期発見をして、腫瘍がまだ小さく、転移していないうちに治療を行えば、完治する可能性が高いことも、また同様です。
病気の早期発見はペットをよく観察することが第一です。ちょっとした食欲や歩き方の変化などを見逃さないようにしましょう。また、ペットがシニアと呼ばれる年齢(7歳くらい)になったら、健康診断を定期的に行いましょう。
ペットの腫瘍は乳腺腫や皮膚腫瘍など体の表面にできるものも多いため、グルーミングとコミュニケーションを兼ねて常にペットの体をよく触り、しこりなどがないかどうかを確かめることも大切です。一緒に口の中などもよく観察し、歯ぐきや頬の内側などもチェックしておきましょう。 小さなイボのように最初は見えても、対処が遅れると腫瘍はあっという間に大きくなってしまいます。


獣医師からのメッセージ

獣医学の進歩により、ペットもまた「腫瘍=不治の病」ではなくなってきました。たとえ、ペットに腫瘍が見つかったとしても、慌てず動物病院の先生とペットにとって最良の方法を探しましょう。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

たとえ腫瘍みたいな怖くなっちゃう病気でも、おうちの人の愛情に包まれていればきっと大丈夫!早いうちに発見してくれるよ。僕達長生きしなくっちゃね。

↑ このページのトップへ