動物の病気:動物の痛みの話

膝蓋骨脱臼について

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝のお皿の骨のことですが、ワンちゃんではこの骨が脱臼してしまうことがよくあるようです。ワンちゃんにとって脱臼はとても痛いものですから、治療が必要になります。痛みをやわらげる良いお薬や予防に役立つサプリメントはあるのでしょうか?

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

お散歩で出会ったポメラニアンのケンちゃんは生まれつき膝のお皿の骨が外れやすいんだって。一度外れるととっても痛いらしいよ。どうしてそんなことになっちゃうんだろう?その痛みを止めてあげることはできるのかな?
獣医師の先生に聞いてみよう。


私が答えます!Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

【膝蓋骨(しつがいこつ)とは?】

ワンちゃんの膝はどこにあるのか正確にわかりますか?
ワンちゃんは後足をつま先立ちのようにして立っています。ですから、膝の部分は思っているよりもずっと上の方にあります。
左図の矢印の部分がワンちゃんの膝の部分です。

資料提供:北海道大学大学院獣医学研究科奥村正裕教授ワンちゃんを飼っている方は実際に膝の部分を触ってみましょう。
足が曲がる部分の前側の中央付近から少し上方に楕円形をした小さな骨が見つかりませんか?これが「膝蓋骨(しつがいこつ)」です。
膝蓋骨は他の骨と関節でつながっていないので、触ると少し左右に動きます。また、膝を曲げ伸ばしすると上下に動きます。


【膝蓋骨の働き】

膝蓋骨は縦方向に太腿(だいたい:太もも)の筋肉のじん帯とつながっていて、このじん帯は膝より下の脛骨(けいこつ:すねの骨)まで伸びています。膝を曲げ伸ばしすると膝蓋骨は大腿骨(だいたいこつ:太ももの骨)下方にある溝の中をすべるように上下に動きます。それによってじん帯が左右にずれることなく膝をまっすぐスムーズに動かすことができるのです。


【膝蓋骨の脱臼】

交通事故などで後足に大きな力がかかると膝蓋骨が脱臼してしまうことがあります。しかし、ワンちゃんの中には生まれつき大腿骨の溝が浅かったり、本来溝に対してまっすぐ上下についているはずのじん帯や筋肉がずれている子もいます。そのような子の場合には、ちょっとした拍子で簡単に膝蓋骨が溝から外れてしまうこともあります。 これはポメラニアンやヨークシャーテリア、チワワなどの小型犬によくみられ、通常は内側に脱臼することが多いようです。


【膝蓋骨脱臼の症状】

膝蓋骨を脱臼すると、膝を曲げることができなくなります。お散歩中に突然後ろ足に痛みを訴えて、ケンケンをするように3本足で歩くようになったら膝蓋骨脱臼の可能性があります。脱臼自体は足を後ろに伸ばすことによってすぐもとに戻ることもありますが、生まれつき脱臼しやすい子は再発することが多く、脱臼が習慣化することによって後ろ足の骨が変形してしまうことがあります。


【膝蓋骨脱臼の治療法】

重症で膝蓋骨の部分が大きく変形してしまっている場合には、外科的に手術をして整復を行います。膝蓋骨を納める溝を深く削ったり、じん帯の付着部を付け直したりする手術が必要となりますが、手術後も長いリハビリが必要となります。 しかし、軽症の場合には消炎剤や関節をサポートするサプリメントを使いながら、なるべく膝に負担をかけないような生活を続けて様子を見ることもあります。


【おうちの人ができること】

もしおうちの子が膝蓋骨脱臼になったら、なるべく早期から関節に十分な栄養を与え、関節に負担をかけない生活を心がけましょう。
肥満は余計な体重で関節に負担をかけてしまいますので、食事の内容にも十分注意してください。
また滑りやすいフローリングは転んで足をひねったり、まっすぐ立つだけでも足腰に余計な力が必要となります。もし家中がフローリングであれば、じゅうたんを敷くなどの工夫をしましょう。
最も大切なことは「早期発見、早期治療」です。特にお散歩中に後ろ足を気にする仕草をする、スキップするような歩き方をする、つま先で立つようになるなどの行動が見られたときには、なるべく早く動物病院で診てもらうようにしましょう。特に痛みがあるときには早急にそれを取ってあげることが大切です。


獣医師からのメッセージ

ワンちゃんの関節疾患は比較的よく見られる病気です。しかし、4本足で歩いていると意外と歩き方の不自然さには気が付かないものですし、ワンちゃんはお散歩など楽しい時には痛みを我慢してしまうこともあります。普段からおうちの人がお散歩時の歩き方やおうちの中での仕草を注意して見てあげることが大切です。


ゼノくん、アックちゃんからの一言

関節の手術なんてすごく大変そうだね。なるべくお薬で痛みが取れたりサプリメントでケアができたりするといいなあ。今度ケンちゃんに会ったら「今はいいお薬やサプリメントもあるみたいだから頑張って!」って言ってあげよう。

↑ このページのトップへ