関連情報

関連製品

動物の病気:動物の痛みの話

大腿骨頭壊死症について

大腿骨頭壊死症はレッグ・ペルテス病ともいわれ、膝蓋骨脱臼や股関節形成不全症についでよくみられるワンちゃんの関節疾患です。関節の骨の一部が溶けてしまうことで痛みがあらわれる病気ですが、わたしたちはどうやって気付いてあげることが出来るのでしょうか?治療法はあるのでしょうか?

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

この間股関節形成不全症について話してもらったときに、股関節の場所を教えてもらって僕もときどき意識しているんだけど、噂で聞いた話だと犬には他にも股関節の骨が溶けて歩けなくなっちゃう病気があるんだって。そんな怖い病気があるなんて本当かな?
獣医師の先生に聞いてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

【犬の大腿骨頭壊死症について】

確かに、ワンちゃんの股関節の骨の一部が溶けてしまい、関節が変形してしまう病気があります。これは「大腿骨頭壊死症」、別名「レッグ・ペルテス病」や「大腿骨頭虚血性壊死症(だいたいこっとうきょけつせいえししょう)」とも呼ばれ、股関節の血管が傷ついてうまく血液が流れなくなることが原因であると言われています。主に成長期の小型犬に多く見られ、突然後ろ足を痛がるようになり、そのままにしていると後ろ足全体が変形してしまい、一生痛みを感じて足を引きずって歩くようになってしまいます。

【虚血性壊死とは】

骨というと、石やセメントのように一度形が出来上がってしまったらもう一生そのままという無機質なイメージがあります。しかし、体の中の骨は生きていて、他の組織と同じように常に古い部分がすこしずつ壊され、新しく作り直されているのです。そしてそれに必要なのは血液によって運ばれるさまざまな栄養です。ですからもし関節に血行障害がおきれば、「虚血」と言って部分的に血液が通わなくなり、関節内の骨は「壊死」と呼ばれる組織の一部が死んでしまう状態になるため、正しい形を維持することが出来なくなってしまいます。股関節の骨が壊死してしまうと本来ぴったりと骨盤にはまっていた大腿骨頭は溶けるように形を変形させ、骨同士がぶつかって炎症をおこしたり(関節炎)、はまりが浅くなることによって脱臼をおこしてしまうようになります。

【症状】

多くの場合、症状は後ろ足の片側にあらわれます。どこかにぶつけたり怪我をした覚えもないのに突然痛がり、体重をかけられなくなり引きずって歩くようになります。はじめの頃は症状が出たり治ったりを繰り返しますが、痛みは徐々に進行し、やがて痛い側の足の筋肉は衰え、全く足をつかないようになってしまいます。

【なりやすい犬種】

比較的成長期の小型犬に多く、生後1歳未満のヨークシャーテリア、トイプードル、ミニチュアピンシャー、ウェストハイランドホワイトテリア、ミニチュアシュナウザーなどがよく見られるといわれています。

【原因】

この病気は大腿骨の先端部である、大腿骨頭に栄養を供給する血管が障害を受け血流が妨げられることによって起こります。しかし残念ながら、その原因はまだよく分かっていません。ホルモンの乱れや栄養障害、外傷などが関与しているとも言われていますが、親から子に伝えられる遺伝と関係があるということ以外はまだ不明です。

【治療法】

この病気は進行性であるため、通常は変形した大腿骨頭を除去する手術を行います。大腿骨頭を切除してしまうと今までのような骨と骨が組み合わさるような関節ではなくなってしまいますが、リハビリをすることによって周囲の筋肉や組織がしっかりと覆ってちゃんと体重も支えて今までとほぼ同じように歩くことが出来るようになり、骨同士がぶつかることもなくなるので動いても痛みもなく楽に過ごすことが出来るようになります。
もし、まだ症状が軽くて発見し、手術を望まない場合には、痛み止めの消炎鎮痛剤や関節を保護するサプリメントを使い、運動制限、体重制限をしながら様子を見ることもあります。

【獣医師からのメッセージ】

大腿骨頭壊死症は発症すると強い痛みを伴う病気です。お散歩の時のちょっとしたしぐさの違いなどを読み取って、早期発見早期治療を行うことができるように、常に気をつけてあげましょう。
また、この病気のように遺伝が関与していることがわかっている場合、発症してしまったワンちゃんは子孫に病気を発症させないために繁殖に用いないようにすることも今後の病気予防のためにとても大切なことです。

【ゼノくん、アックちゃんからの一言】

へえ、骨が溶けちゃうような病気が本当にあるんだ。でも、獣医さんがちゃんと治してくれる病気ならばそんなに怖いことないよね。それに、もし手術になったとしても手術後の痛みを取ってくれるお薬もちゃんとあるみたいだから、すぐにまた元気になれるよ、きっと。

↑ このページのトップへ