関連情報

関連製品

動物の病気:動物の痛みの話

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアという病気は私たち人でもよく聞く病気ですが、ペットにも比較的多く見られます。ペットの場合は「腰がだるい」といった初期の時点ではなかなか症状を示してくれないため、腰が非常に痛くなったり、後ろ足が麻痺したりといった重症になってから気がつく場合が多いようです。

ゼノくん、アックちゃんの素朴な疑問

ゼノくん、アックちゃん

椎間板ヘルニアっていう病気になると、後ろ足に力が入らなくなって、しまいには歩けなくなってしまうらしいよ。椎間板ってどこの部分なんだろう?僕、小さい時にお臍の部分がちょっとだけヘルニアだったんだけど、それとは関係があるのかな?獣医師の先生に聞いてみよう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即解決!

【椎間板とは?】

背骨は首からしっぽまでたくさんの脊椎(せきつい)と呼ばれる骨がつながって出来ていますが、それぞれの脊椎の間には椎間板という弾力のあるクッションのようなものがはさまっていて、背骨をしならせたり、衝撃を吸収する働きをしています。一つ一つの椎間板はひらべったい「あんパン」のような構造をしていて、パンの部分は弾力のある「線維輪(せんいりん)」、あんこの部分は柔らかい「髄核(ずいかく)」と呼ばれています。

【椎間板ヘルニアとは】

椎間板ヘルニア図左/椎間板ヘルニア図右椎間板ヘルニアとは本来脊椎の間にきちんと納まっているはずの椎間板が、表面の線維輪が破れて中の髄核が飛び出してしまったり(椎間板ヘルニア(図左))、本体そのものが押し出されてしまったとき(椎間板ヘルニア(図右))の状態です。椎間板のすぐ上、脊椎の真ん中には脊髄(せきずい)と呼ばれる太い神経があります。脊髄は脳からしっぽに向かって伸びていて、枝分かれした神経が脊椎の間から出てさらに全身に細かく広がってさまざまな感覚を受け取ったり、脳からの信号を筋肉に伝えています。しかし、椎間板が脊髄側に飛び出してしまい神経を圧迫すると、痛みやしびれ、ひどくなると麻痺がおこるようになってしまいます。
「ヘルニア」とは体の一部が異常な位置に脱出してしまうことを指し、「臍(さい)ヘルニア」や「横隔膜ヘルニア」などという別の体の部位の病気の時にも使うことがあります。

【椎間板ヘルニアの原因】

背骨を激しく動かしたり、背骨に常に負担をかけるような動きをすることで椎間板は傷つきやすくなり、ヘルニアを起こしやすくなります。また、ワンちゃんは四つ足で生活をしているため、背骨は地面に対していつも水平方向に伸びていますが、もし肥満になると重たくなったお腹に対する負重は背骨をゆがめ、特定の椎間板のみに負担がかかり、それがヘルニアの原因になることもあります。年を取れば椎間板はだんだん硬くもろくなり、衝撃に対して弱くなるため、線維輪が破けて髄核が飛び出しやすくなってきます。

【椎間板ヘルニアの症状】

初期には椎間板で圧迫を受けた神経が炎症をおこし、痛みが生じます。背骨を上からそっと押した時に、びくっと腰を落としたり、振り返ってやめてよ、という表情をするときには痛がっている可能性があります。症状が進行すると圧迫を受けている脊髄から下(下半身側)に神経症状があらわれるため、歩く時に腰をふらふらさせたり、階段の上り下りが出来なくなったりしてきます。さらにそのままにしておくと、ナックリングといって、後ろ足の足首を曲げたような、足の甲を地面につけるような形で引きずるようにして歩く様子がみられるようになり、しまいには麻痺が進行して全く歩けなくなってしまうこともあります。

【発症しやすい子】

背骨は長いほどたわみやすく、その負担は大きくなるため、胴が長くて足の短い品種、ダックスフンドやコーギー、ペキニーズなどの品種は椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。特にダックスフンドは若い頃から椎間板がもろく変形しやすいため注意が必要だと言われています。また、骨格に対して体重の重い子、すなわち太っている子も背骨に負担がかかりやすくヘルニアになりやすいでしょう。
日頃から体をねじったり、転んで腰などをぶつけたりするような動きが多い子も要注意です。特に滑りやすいフローリングの室内はよく全速力で走って、腰から滑って転ぶことが多く、椎間板には非常に負担がかかります。

【病院での診断】

正常な椎間板はレントゲンには写りません。年をとって石灰化して硬くなったせいでヘルニアを起こした場合には白っぽい塊が脊髄を圧迫しているのを認めることがありますが、それ以外は通常のレントゲン検査ではなかなかわかりません。椎間板ヘルニアが疑われ、確実に診断を下したいときには、脊髄造影といって脊髄の輪郭を造影剤で描き出す検査法や、CTもしくはMRIなどの高度画像検査を行い、その位置や程度を詳しく調べていきます。また神経の状態は痛みや麻痺の程度、後ろ足の感覚や反射を調べることによってどのくらいダメージを受けているかを検査していきます。

【治療と予防】

一度傷ついたり麻痺してしまった神経を治すことは非常に困難です。ですから椎間板ヘルニアで最も大切なことはなるべく早く気がついて、治療を開始することです。まだ初期であれば、消炎剤を使って周囲の腫れを取り除くことによって症状を和らげて行きます。そして同時にヘルニアを悪化させる要因を取り除いていきます。背骨に負担をかけるような運動を制限し、もし肥満ならば減量用のフードを使って体重を減らし、背骨への負担を減らします。 もしもヘルニアが進行してしまった場合には手術によって脊髄の圧迫を軽減させる方法もありますが、すでに神経のダメージが大きい場合には手術をしても麻痺を治すことは出来ません。そのような場合のために最近はペット用の車椅子も作られるようになってきました。

獣医師からのメッセージ

ペットは少しくらい腰がだるくても安静にしていようとは思わないため、一度発生した椎間板ヘルニアはあっという間に進行してしまいます。神経は一度傷ついてしまうと直すことがとても大変です。完全な麻痺になってしまう前になるべく早く気がついて、早めに治療をすることが大切です。

ゼノくん、アックちゃんからの一言

お友達のミニチュアダックスのダックちゃんが「食べることは大好きだけど、体重管理はすごく気をつけているんだ」って言っていたのは椎間板ヘルニアを予防する理由もあったんだね。ふうん、僕も気をつけよう。あと、痛いときには我慢しないでなるべく早くおうちの人に伝えるようにしようっと。

↑ このページのトップへ