動物病院のススメ

「動物病院はケガをしてから、病気になってから行くもの」そう思っていませんか? でも、動物病院は「治す」ためだけの場所ではありません。では、どういう場所なのでしょう?
一言で言えば、ペットを育てるあなたにとって大切な、そして頼りになるパートナーがいる場所。
健康管理や飼育管理について相談できたり、あなたが知らなかった情報が収集できるとても貴重な場所なのです。行ったことがない方も、行ったことがあるという程度の方もよく行くという方も、もう一度動物病院の存在を考えてみませんか?

登場人物紹介

  • ゼノくん&アックちゃん しっかりものお兄さん犬と、マイペースな妹猫
  • 真実さん&チョコちゃん 動物病院未体験の奥様と、ママの膝の上が大好きなチワワちゃん。今回「はじめての動物病院」を代表して体験することに。
  • マイコ先生 獣医師。専門家の視線からはじめての動物病院に大切なことをアドバイスする。
  • のぞみさん 動物看護師。真実さんとチョコちゃんの「はじめての動物病院」を笑顔で優しくサポート。

動物病院への問い合わせ編

1・何だか愛犬の様子がおかしい...?

真実さんの愛犬「チョコ」ちゃん。いつもならご飯を食べてお昼寝の時間なのですが...なんだか妙に痒がる様子。身体中をしきりと気にして、ご飯にも集中できない模様です。「おかしいわね、どうしてこんなに落ち着きがないのかしら?」首を傾げる真実さん...

こういう時って、喋れない僕たちは行動で示すしかないから...
わかってもらえないと本当に辛いんだよね...

こんな時、実際にどうしたらいい??

いつもと様子が違うと思ったら、まずは動物病院に問い合わせ!

ここがポイント! 獣医師からのアドバイス

獣医師のマイコ先生

・普段から一緒のペットの様子に違和感を感じたら、それはペットからのSOSの合図!
・なんとなく「大丈夫だろう」「気のせいだろう」などの勝手な判断はNG!
・飼い主さんからは「ささいなこと」に見えても獣医師から見れば重要な要素のことも!
・悩む間に症状が悪化してしまうケースもあるので、最初の素早い問い合わせが肝心!


2・動物病院に電話で問い合わせる

チョコが痒がるのを止めないので、真実さんは動物病院に電話をして聞いてみることに。看護師さん「はい、××動物病院です」真実「あの...チョコが落ち着かなくて、ご飯も残しちゃったし...」看護師さん「食欲がないのですね? チョコちゃんはわんちゃんですか?」真実「はい、犬です。その、病気で食欲がないっていう感じじゃなくて、なんていうか...」はじめての電話での問い合わせに上手く伝えられない真実さん。

はじめての電話で緊張しちゃったのかなぁ...
「痒がる様子」っていう一番大事な部分が上手く説明できてないや

こんな時、実際にどうしたらいい??

飼い主さんが、落ち着いて正確な状況を伝えることが重要!

ここがポイント! 獣医師からのアドバイス

獣医師のマイコ先生

電話でペットの様子を伝える時に、特に大切なのは次の6つ!

・どんなペット?(種類/性別/年齢/過去に大きな病気や手術をしているかなど)
・どんな症状なのか?(少し元気がない/すごくぐったりしている/吐いた/痒がる/震えなど)
・いつからなのか?(×日以上前から/昨日から/1時間前から/×時間おきに小刻みになど)
・最初に気付いた時と今との症状の変化は?(変わらない/悪化した/良くなりつつあるなど)
・原因に思いあたるふしは?(室内飼いだが最近外に出た/いつもと違うフードを与えたなど)
・飼い主さん自身の要望は?(相談したい/原因を特定したい/まず安心したい/完治させたいなど)


これらを正確に獣医師や看護師さんに伝えましょう!


3・予約をとって動物病院へ!

真実「4歳半の女の子のチワワなんですが、午前中ぐらいから、しきりに痒がっていて、落ち着かないんです。食事にも集中できないみたいで、ちょっと心配で...」看護師さん「そうですか。その症状は以前にもありましたか?」真実「いいえ、今回がはじめてです」看護師さん「今もずっと痒がっていますか?」真実「ええ、もうさっきからずっと...。あの、一度診てもらえることはできますか?」看護師さん「はい。それでは何日の何時頃にお越しになれますか?」

やったね! チョコちゃんのメッセージが飼い主さんに伝わって
これで先生にちゃんと診てもらうことが出来るね!

私たち看護師がどんな内容でも丁寧に応対しますので、
まずは電話での問い合わせからはじめましょう!

ここがポイント! 獣医師からのアドバイス

獣医師のマイコ先生

なにかいつもと違うと感じても、はっきりと目に言える症状や異常が見えないから、「もしなんでもなかったら恥ずかしいし...」という風に考えるのが一番危険です。
どんなに些細なことでも、普段一番ペットのことを見ている飼い主さんが「おかしい」と感じたのであれば、それは言葉を話せないペットからのサインです。
だから、まずはなんでも動物病院に問い合わせてみてください。


↑ このページのトップへ