動物病院のススメ

「動物病院はケガをしてから、病気になってから行くもの」そう思っていませんか? でも、動物病院は「治す」ためだけの場所ではありません。では、どういう場所なのでしょう?
一言で言えば、ペットを育てるあなたにとって大切な、そして頼りになるパートナーがいる場所。
健康管理や飼育管理について相談できたり、あなたが知らなかった情報が収集できるとても貴重な場所なのです。行ったことがない方も、行ったことがあるという程度の方もよく行くという方も、もう一度動物病院の存在を考えてみませんか?

登場人物紹介

  • ゼノくん&アックちゃん しっかりものお兄さん犬と、マイペースな妹猫
  • 真実さん&チョコちゃん 動物病院未体験の奥様と、ママの膝の上が大好きなチワワちゃん。今回「はじめての動物病院」を代表して体験することに。
  • マイコ先生 獣医師。専門家の視線からはじめての動物病院に大切なことをアドバイスする。
  • のぞみさん 動物看護師。真実さんとチョコちゃんの「はじめての動物病院」を笑顔で優しくサポート。

受付時の注意点編

1・はじめての来院・受付

電話での予約を経て、はじめて動物病院にやってきた真実さん。まずは受付に向かいます。真実「あの...電話で予約をしてきたんですが...」看護師さん「はい、お伺いしてます。チョコちゃんですね。はじめての診察なので、初診表をお書きください」真実「初診表...ですか?」

どうやら真実さんは、はじめての動物病院でどうすればいいのかわからず不安みたいだね

こんな時、実際にどうしたらいい??

はじめて動物病院にきたら、まずは受付で来院の主旨を伝えましょう!
電話予約をした方はそのことを忘れずに伝えてください!

ここがポイント! 獣医師からのアドバイス

獣医師のマイコ先生

はじめての診察では「初診表」を書きます。人の病院や歯医者さんなどと同じです。電話の時に既に説明したと思っても、移動中に様子が変わることもあります。落ち着いてもう一度詳しく来院理由を説明しましょう。的確な診察と治療を行うための大切な手続きなので、受付では正確な情報を看護師さんに伝えることを心がけましょう。


2・初診表を書く

看護師さんの説明を聞き、いざ初診表に記入となって、またしても戸惑ってしまう真実さん。「ワクチン接種日? ええといつだったかしら...」「不妊手術? 確かけっこう昔にしたのだけど、ええと...」予想していなかった質問事項に慌ててしまい、上手く記入できない様子です。

真実さんは症状だけを伝えればすぐ診察だと思っていたんだよね。
でも、僕らは診察時にも言葉での説明ができないから、初診表で先に伝えておいた方がいい情報がいっぱいあるんだ。

こんな時、実際にどうしたらいい??

初診表に書く内容をあらかじめ知っておけば大丈夫!

ここがポイント! 獣医師からのアドバイス

獣医師のマイコ先生

初診表で聞かれる内容は主に次の5つ!

・混合ワクチンおよび狂犬病予防接種の日付
・不妊手術の有無とその日付
・最後に発情した時期
・年齢/普段のフード/アレルギーの有無/生活場所/飼育頭数などのペットの基本情報
・過去の怪我/病気/手術歴


これらを現在のペットの症状と来院目的に加えて正確に記入する必要があります。飼い主さんとペットのライフスタイルやバックグランドを知ることは、的確な診療の基になりますので、記入漏れのないようにしましょう。


3・いよいよ診察へ

初診表の記入も無事終了。最初の電話予約の時点で、落ち着いて正確な情報を伝えることが出来ていたので、症状については慌てることなくスムーズに説明できました。後は待合室で順番を待つだけです。先生「真実さんとチョコちゃん、お入りください」いよいよ、はじめての診察の開始です。

ちょっとドキドキしたけど初診表の記入も無事に終わって一安心!
はじめてで緊張するのは、ペットも同じってことも忘れないでね!

わからないことや不安なことは何でも聞いてください!
私たち看護師が全力でサポートします!

ここがポイント! ―獣医師からのアドバイス―

獣医師のマイコ先生

はじめて来る場所では、飼い主さんの緊張がペットに伝わって動揺させてしまうこともあります。 病気や怪我の時に平静でいるのは難しいかもしれませんが、出来る限り飼い主さんが落ち着いて過ごすことで、ペットを安心させるように心がけましょう。 正確な情報が記入された初診表と、飼い主さん自身の落ち着いた説明が、診療においては大きな手助けとなります。 飼い主さんも、私たちと一緒にペットを"見る=診る"つもりで、必要な手続きを行ってください。


↑ このページのトップへ