動物病院のススメ

「動物病院はケガをしてから、病気になってから行くもの」そう思っていませんか? でも、動物病院は「治す」ためだけの場所ではありません。では、どういう場所なのでしょう?
一言で言えば、ペットを育てるあなたにとって大切な、そして頼りになるパートナーがいる場所。
健康管理や飼育管理について相談できたり、あなたが知らなかった情報が収集できるとても貴重な場所なのです。行ったことがない方も、行ったことがあるという程度の方もよく行くという方も、もう一度動物病院の存在を考えてみませんか?

いざという時の応急手当

ペットが突然危険な事態に陥ったら皆さんはどうしますか?専門的なことはもちろんできないかもしれませんが、獣医さんに診てもらうまでの間にしてあげられることはないのでしょうか。もし応急処置の知識を持っていれば、それ以上悪化させないようにできるかもしれません。いざというときに冷静に最善の処置ができるように、応急処置の正しい知識を学びましょう。


Dr.ペテラス ペテラス・ワールドの獣医師。ホームドクターとしてあらゆる疑問を即効解決!

もし、ペットが緊急事態に陥ったら・・・

まず、あわてずにペットを広くて安全な場所まで移動します。感電の可能性があれば、まず電源コードの線を抜いてからペットに触るようにしましょう。飼い主さん自身が感電しないように、安全を確保することが大切です。
ペットの意識がはっきりしている場合、突然の痛みで興奮することもあります。無理矢理つかまえようとすると余計に暴れて状況を悪化させてしまうこともあるので、あわてずに落ち着くのを待ちましょう。そして安全と保温のためにバスタオルや毛布のようなものでペットの全身を覆い、それごと抱きかかえるようにして二次災害の起こらない安全な場所まで連れて行きましょう。だっこするときには患部に触れたり力を入れないようにします。手当てをする人が噛まれたり、引っかかれたりしないように十分に注意しましょう。
応急処置を終えたら動物病院に連絡をして、状況を的確に説明し、病院からの指示にしたがって冷静に行動しましょう。


応急手当 その1 心肺蘇生

ペットの意識がないときには、まず「呼吸をしているか」「心臓が動いているか」の2点を確認しましょう。呼吸は胸の動きを見て確認します。もし上下に動いていなければ呼吸をしていません。また、目視で呼吸が確認できないときは、左のわきの下に手を当ててみて、心臓の拍動を感じられるかを確認します。

【心臓マッサージ】
もし心臓の鼓動が感じられなければ、すぐに心臓マッサージを始めます。

■心臓マッサージの手順

  1. まず、ペットを横向き(右側を下)にして寝かせます。
  2. 口の中を確認して、もし吐いたものなどが喉をふさいでいるようならば、すばやく取り除きます。
  3. 左前足の肘のすぐ下に手のひらを当て、小型犬・猫の場合は1秒に2回くらい、中型犬・大型犬の場合は2秒に3回くらいのリズムで胸を押していきます。左前足の肘のすぐ下に手のひらを当て、小型犬・猫の場合は1秒に2回くらい、中型犬・大型犬の場合は2秒に3回くらいのリズムで胸を押していきます。
    ※軽く胸がたわむくらいの力を入れるようにしましょう。
    ※ペットがとても小さい場合は片手で胸を挟むようにして行ってもよいでしょう。
  4. 人口呼吸と心臓マッサージを同時に行う場合は、マッサージを15回ほど行い人工呼吸を2回行う、といった手順で繰り返します。
【人工呼吸】
自発的に呼吸をしていないようであれば、人工呼吸を行います。

■人工呼吸の手順

  1. ペットを横向き(右側を下)にして寝かせます。
  2. 首をまっすぐに伸ばして口を開け、吐いたものなどで喉がふさがれていないかどうかを確認します。もしある場合は、すばやく取り除きます。
  3. 手でペットの口を閉じ、息が漏れないようにしてペットの鼻に口を当てます。3つ数を数えながら、ゆっくりと強く息を吹き込みます。ペットの胸が膨らむのを確認しながら行い、小さなペットには吹き込み過ぎないように注意します。手でペットの口を閉じ、息が漏れないようにしてペットの鼻に口を当てます。3つ数を数えながら、ゆっくりと強く息を吹き込みます。ペットの胸が膨らむのを確認しながら行い、小さなペットには吹き込み過ぎないように注意します。
  4. 数回行ったところで自発呼吸を始めるかどうかを確認します。
  5. 自発呼吸を始めないときには再び繰り返します。

応急手当 その2 止血法

ケガや事故などで出血し、その量が大量である場合は、なるべく早く止めなければ大変危険です。止血の基本は出血部位の圧迫です。

【通常の止血】
  • 出血部位に清潔なガーゼや脱脂綿を強く当てます。
  • そのまま3~5分じっと当てておきます。傷口をこすったりガーゼを頻繁に替えてはいけません。もし、ガーゼが血でいっぱいになってしまったら、その上に新しいガーゼをさらに当てるようにします。
【耳、尻尾、手先などの止血】

腕や足などからの出血がひどく血が止まりにくい時には、出血部位から体に近い部分を軽く縛って血を止める方法もあります。

  • 傷口のすぐ上の場所を手で握るか、包帯で軽く縛ります。
  • 2分後に少し緩めてみて血が止まっているかどうか確認します。
  • 止まっていれば、傷口をガーゼで強めに覆います。耳や尻尾の先端部は少し動くだけでも再出血しやすいので、固定させるように頭や体と一緒に包帯で巻くようにしましょう。止まっていれば、傷口をガーゼで強めに覆います。耳や尻尾の先端部は少し動くだけでも再出血しやすいので、固定させるように頭や体と一緒に包帯で巻くようにしましょう。

応急手当 その3 のどの異物を取り除く

ペットは普段からあまり噛まずに物を食べます。そして食べ物だけでなく、おもちゃやコインなども時として飲み込んでしまい、それが喉に詰まってしまうことがあります。
もし、目の前で何かを喉に詰まらせた場合は、なるべく早く取り除かないと窒息してしまいます。急に激しく咳き込んだり、よだれをたらして苦しそうにしている場合は、次のようにして喉につまっているものを吐き出せるようにしましょう。

■のどの異物の取り除き方

  1. 小さなペットであれば腰を持ってさかさまにし、背中を平手で数回叩き吐き出させます。
    ※片手でさかさまに出来なければ片手を後足の間から差し入れ、下から体を支えておいて、背中を強めに数回叩きます。手前で詰まっていれば、吐き出します。
  2. それでも吐き出さない場合は一刻も早く動物病院に連れて行きましょう。

Dr.ペテラスからのメッセージ

応急手当で最も大切なことは、手当てをする飼い主さんがまず冷静になることです。手当てをしながら同時に動物病院に連絡し、飼い主の名前、ペットの名前、いつから、どんな状況になっているのかをはっきりと言えるようにしておきましょう。いざという時に慌てないで対処するためには、普段から応急処置の基本を復習しておくことがとても大切です。

↑ このページのトップへ